【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

岡富小2年生、バスにワクワク

本紙掲載日:2017-12-15
2面
整備工場でバスの下に入って観察する児童たち

乗車マナーなど学ぶ−延岡

 延岡市の岡富小学校(丸尾裕校長)の2年生70人は12月13日、同市バス利用促進協議会(吉田敏春会長)主催の「バスの乗り方教室」に参加し、同校から宮崎交通整備工場=同市大武町=をバスに乗って往復。乗車中のマナーなどを学んだ。

 同教室は、バスに乗ったことがなく、乗り方が分からない小学生などを対象に、乗車中のマナーなどを学んでもらい、バスを身近に感じてもらおうと実施されている。

 この日は、宮崎交通延岡営業所の磯村英基係長と落合博美係長が指導。まちなか循環バスと通常の路線バスの違い、乗車方法、時刻表の読み方などを説明した。また、乗車には、ICカード乗車券が使えることも教えた。

 この後、児童たちはワクワクした様子でバスに乗車。整備工場へ向かった。車内では、流れるアナウンスや降車ボタンなどに興味津々だった。

 到着すると、並んだバスに少し興奮気味の児童たち。整備工場の担当者から、ステップを上げてバスを上昇させ、バスの下に入り込んで行う点検方法について教えてもらった。

 実際にバスの下に入ってみた児童は「すごい。下はこんなふうになっているんだ」などと、じっくり観察していた。

 加藤颯姫さんは「乗車中はいろいろな景色を見ることができた。バスについて知らないことも分かったので楽しかった」。橋口凌汰君は「外がいっぱい見られて楽しかった。また乗ってみたいと思った」と話した。

 指導した落合係長は「いつか、子どもたちが一人でバスに乗ってくれるようになればうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top