【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
防犯と人権に関する展示
本紙掲載日:2017-12-15
8面

防犯と人権に関する展示

12月24日まで、延岡市立図書館

 延岡市立図書館(丸山奈緒美館長)は12月24日まで、同市の本館で防犯についての展示を行っている。人権に関する展示も同時開催。担当者は「通り掛かった時にでもぜひ、ご覧になっていただきたい」と呼び掛けている。

 防犯に関する展示は毎年、延岡警察署などの協力を得て実施。子どもが危険な目に遭った際に避難する「子ども110番おたすけハウス」など、地域で取り組んでいる防災活動を紹介するパネル、自身や自宅を守るアラーム警報器や催涙スプレーのほか、詐欺などにだまされない方法や護身術、子どもの身を守るマニュアル本や防犯に関するパンフレットなどが展示されている。

 人権に関する展示は、人権週間(12月4〜10日)に合わせて毎年開催。北朝鮮の拉致被害者・横田めぐみさんの両親の滋さん、早紀江さんによる本「めぐみ手帳」といった北朝鮮の拉致被害者、子ども、障害者、性的少数者(LGBT)の人権、インターネットによる人権侵害など幅広く人権に関わる書籍約30冊を随時展示している。

 担当者は「防犯は子ども目線の本やマニュアル本も多数あり、子どもにも知ってもらいたい。人権は幅広い分野の本をそろえています」と話している。


◆年末年始の休館に理解と協力を

 延岡市立図書館は年末年始の28日から来年1月3日まで休館する。対象は本館と北方町、北浦町、北川町の各分館、移動図書館車。

 休館中に返却期限を迎えることはないが、休館中に返却する場合は、本館と各分館の返却ポストに投函(とうかん)すること。

 1月4日は開館するが、翌5日は資料整理のため休館日となる。問い合わせは同図書館(電話延岡32・3058)。