【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
スマホ利用の合言葉導入へ
本紙掲載日:2017-12-29
6面

話し合いながら意見を班ごとにまとめる生徒たち

生徒会サミットで採択−延岡市中学校

 延岡市内の中学校16校の生徒会長らが集って各校の取り組みを発表、意見交換して交流する「延岡市中学校生徒会サミット」が12月26日、延岡市役所講堂であった。

 サミットは平成10年度に延岡市子ども議会で提案され、翌年から交流会として毎年開催。2年前から現在名で行われている。各校から生徒会長と生徒会役員2人ずつの計32人が参加した。

 東海中生徒会長の橋口涼祐君(2年)が「発表や話し合いで分かったこと、学んだことを未来へつなげ、私たちの学校、地域をより良いものとしていきましょう」とあいさつ。生徒は6班に分かれてグループ討論を行った。

 携帯電話、スマートフォンなどを使用することのメリットやデメリット、注意点などについて話し合った。各班で出た意見を代表者が全員の前で発表した後、全員で議論をした。

 全校への導入を提案されたのが、恒富中生徒会の発案に班の協議で生まれたアイデアを加えたスマートフォンを利用する時の合言葉「となりのフィルくんinのべおか」。

 スマートフォンを利用する時の注意点の頭文字を取ってつなげたもの。

【となりのフィルくん】
「トラブルを起こさない」「ながらスマホはやめる」「流出させない」「伸びない学力」「フィルタリングをかける」「9時までよ」

【のべおか】
「のせるときは」「『べつにいいや』をやめて」「お互いのことを」「かんがえる」

 合言葉(標語)は覚えやすくて分かりやすいとして全校での導入を採択。また、「親しみやすい」として、となりのフィルくんのキャラクターを各校で考えることなども決定した。

 閉会式では、サミット主催の延岡市教育研修所特別部会顧問である松岡良一恒富中校長が「生徒会の仕事はクリエーティブな仕事。新しいものをつくり上げ、自分たちの学校を素晴らしい学校にしてほしい」と講評。
 
 黒岩小中学校生徒会長の佐藤彩乃さん(中学部2年)は「話し合いで決まったことを学校に帰って確実に実行できるようにしていきたい。サミットを通して他の生徒会の活動を知るだけでなく、自分の意見や質問をすることの大切さを知ることができました」と感想を話した。