【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
手話言語条例の制定を
本紙掲載日:2018-01-13
1面

日向市が自治体に呼び掛け

 「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム」(内閣府・県など主催)が12日、宮崎市内であった。手話言語条例を県内で初めて作った日向市は、県や他の市町村に対して制定への積極的な取り組みを求めた。

 日向市は、手話は言語の認識の確立▽手話の理解促進・普及▽手話を使って安心して暮らすことができる地域社会の実現――などを目的に、九州の自治体では2番目となる手話言語条例を平成27年12月18日に制定、28年4月1日から施行する。

 制定後は職員や市議が手話を学び、老人保健施設など職員への出前講座も実施。市役所窓口などに筆談ボードも設置した。昨年2月には「共に生きる福祉のまちづくり推進大会」を開き、聴覚障害者福祉の推進と障害者差別の解消に向けた取り組み姿勢をアピールした。

 同市福祉課の三輪勝広さん(前健康福祉部長)は「自治体にとって手話言語条例の制定は、障害がある人もない人も『全ての住民が共に生きる地域社会』の実現につながり、意義深いこと」と強調し、「小林市が昨年末に制定したが、県やほかの市町村も続いてほしい」と呼び掛けた。

 フォーラムは、不当な差別的取り扱いを禁止し、負担が重すぎない範囲で対応することを求めた「障害者差別解消法」(28年4月施行)の取り組み促進と機運の醸成が目的。基調講演やパネルディカッションもあった。