【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年新春インタビュー(7)−椎葉晃充椎葉村長

本紙掲載日:2018-01-16
3面

子育て支援へ保育施設検討−旧仲塔小跡地を宿泊施設に

−−昨年6月に村長選(無投票当選)がありました。

【椎葉村長】
無投票という結果は選挙をするよりも責任の重さを感じ、身の引き締まる思いです。信頼と期待に応えるため、村民が誇りと生きがいを持って暮らせる「夢生きがい幸せかり〜ての里・椎葉」を基本理念に、全身全霊をもって村政に取り組まねばと決意を新たにしています。

−−平成28年度で第5次長期総合計画前期が終了しました。後期の計画、展望を教えてください。

【椎葉村長】
平成29年度は、同33年度を計画期間とする同計画後期計画のスタートでした。少子高齢化の進行が見込まれるなかで、地域内で支え合うことや「自らの地域は自らで守る」といった地域愛を高めていただくために、各行政地区に地区計画が掲げられています。地域の現状や、課題に即した新たな計画の具現化に向けた支援を講じたいと思います。

−−昨年8月から試験的に設けた上椎葉地区の保育施設の現状はどうですか。

【椎葉村長】
椎葉村子ども・子育て支援事業計画に基づき、3歳未満の保育を必要とする児童について、暫定的に仮設の施設で保育を実施しています。現在、定員となる5人の児童が利用しており、当面この状況が続くことになっています。女性活躍の面からも好評をいただいており、さらに充実した保育施設の検討をしております。

−−平寿園跡地等を利用した保育所を造る構想のようですが。

【椎葉村長】
同跡地利用検討委員会を発足させ、総務課を中心に構想を進めてきました。今後は保育施設整備は福祉保健課、残地の構想を地域振興課にて進める予定です。村民のこれまでの意見と今後出てくる意見など、総合的に判断して専門家も交えて進めるようにしています。

−−旧仲塔小学校舎を宿泊施設として来春開業予定ですが、進捗(しんちょく)状況は。

【椎葉村長】
旧仲塔小跡地をどう活用するのかは、何年も地区の人たちと話し合い、昨年、計画が決まりました。9月から解体工事を行っており、今年4月にオープン予定です、1階は多目的スペースとして住民らが交流イベントや葬祭場などに活用し、2階には計3室の宿泊施設を設けます。地区の皆さんに運営を任せることになりますが、皆さんが計画案を立てて取り組んでいるところです。

−−映画「しゃぼん玉」が昨年3月に上映されました。

【椎葉村長】
椎葉の美しい風景や山仕事、平家まつりなど村での生活の様子が丁寧に描かれていました。林遣都さんと市原悦子さんの演技でさらに村の素晴らしさをアピールできたと思います。東京都では「しゃぼん玉」が舞台化されており、関東周辺の方へもますます本村の感心が高まるのではないでしょうか。

−−世界遺産認定以降、ふるさと納税が好調のようですね。

【椎葉村長】
農林畜産業をはじめ、地域が一体となった伝統文化の継承に共感された方々の思いだと心から感謝しています。現在(昨年12月)の段階で既に決算額(1870万円)を越えており、昨年より増額になる状況(4000万円弱)です。このご支援で、守るべき自然、景観、後世につなぐ伝統文化を今後とも大事にしていきたいです。

−−新年の抱負をお願いします。

【椎葉村長】
椎葉村総合戦略に策定されている、基本目標の一つである「時代に合った住み続けたい村を創る」ため、引き続き利便性の向上に努めます。また、自治組合活動推進事業も支援対象の拡充を図り、コミュニティー活動の活性化に努めることにより、生涯を通じて村民が生き生きと生活できる村を目指します。

その他の記事/過去の記事
page-top