【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年新春インタビュー(8)−三輪純司日向商工会議所会頭

本紙掲載日:2018-01-17
3面

キャリア教育は最先端の自負−日向市をコンパクトシティに

−−昨年はどんな一年でしたか。

【三輪会頭】
1月に日向商議所が取り組む「よのなか教室」などが文科省と経産省が共同実施する「第6回キャリア教育推進連携表彰」の最優秀賞をいただき、財光寺小がキャリア教育優良学校として文部科学大臣表彰を受けるなど、教育分野については実りあるパフォーマンスができました。キャリア教育については日本の最先端にあるという自負があります。9、10月に行われた世界ジュニアサーフィン選手権では、地元の子どもたちが観戦を通じて、ふるさと日向の良さを再発見し、自信や誇りにつながったと思っています。

−−昨年10月に小規模事業者向け「企業婚活」が始まりました。

【三輪会頭】
約1500の会員がいますが、後継者がいなくて廃業し、退会する会員が増えています。二つを一つにして血を残すことが一番大事だと考えまして、私がネーミングしました。かゆいところに手が届く会議所でなければ意味がありませんので、会員へのリサーチをしながら相思相愛になるように手助けしていきたいと考えています。

−−日向市が2020年東京五輪・パラリンピックで米国のホストタウンに登録されました。どのように取り組みますか。

【三輪会頭】
世界ジュニアサーフィン選手権の成功を実感した時から、必ずどこかの国のホストタウンに登録されると信じていました。アメリカという大国に選ばれてうれしい限りです。事前合宿は「サーフタウン日向」「ソフトボールのまち日向」として、国内外に発信されることは経済活動としてもありがたいことです。選手や関係者の皆さんが「日向で良かった」と喜んでいただけるような、おもてなしを大事にしたいですね。

−−今年5月には創立70周年を迎えるそうですね。

【三輪会頭】
5月25日に米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバートさんを迎え、一般市民対象の記念講演会を計画しています。記念事業としては将来の人手不足を見据えキャリア教育の充実を図りたい。特に大王谷学園が取り組む社会・職場体験の充実を目的にした「14歳のよのなか挑戦」をさらに拡大していきたいですね。また、若者が郷土を誇りに思えるまちづくりや、将来の生活設計を通じた住みやすさ、生活しやすさをPRして若者が定着するまちづくりに取り組みたい。併せて、港湾工業都市の要となる細島工業港のさらなる安全性、効率化を目指して整備を進めていただき、大型化の船舶に対応して水深15メートル岸壁の早期整備も手掛けていただきたいですね。

−−今年の抱負をお願いします。

【三輪会頭】
人口減社会の中で産業界は人出不足が重要な課題です。県内の高校卒業者の地元就職率を高めることに全力を尽くさなければなりませんが、外国人労働者の雇用環境は避けて通れない状況にあると考えており、定住促進につながる特区の研究もしていきたいと思います。
昨年6月、全米で最も移住したい都市といわれるオレゴン州ポートランド市を、本会議所の有志17人とともに自費で視察しました。ポートランド市は週に100人ペースで移住して来るといわれています。都市機能を詰め込んだコンパクトシティで、郊外には自然もしっかり残っていました。自転車でまちなかを行き来でき、自転車のままバスや電車に乗車できるんです。商売もかなり個性的でした。日向もそんなコンパクトシティを目指すべきだと考えています。今後はワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)や本当の幸せを求める人が必ず増えてきます。今から注目されるようなまちでないと将来は生き残れません。総花的でなく、レアなことをやり続けたまちが勝ちます。しっかりと方向を見定めて、腰を据えてまちの個性をとがらせていきたいですね。


その他の記事/過去の記事
page-top