【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

帆船「海王丸」に乗りました

本紙掲載日:2018-01-22
6面
船員の話を熱心に聴く日知屋小児童
細島港に寄港した帆船海王丸

日向市日知屋小6年生が見学

 独立行政法人海技教育機構の帆船「海王丸」(2556トン)が18日、日向市の細島港へ寄港した。19日には日知屋小6年生を対象に見学会を行い、子どもたちは船員から帆船の機能や訓練航海中の生活を教わるなどして理解を深めた。

 訓練航海の寄港地では、船や海、港に興味を持ってもらおうと、現地の子どもたちを招いて見学会を行っている。今回は海事産業の重要性や魅力を伝えようと九州運輸局宮崎運輸支局が企画し、海技教育機構が協力した。

 この日は児童35人が参加。三つのグループに分かれ、無線室やデッキでそれぞれの役割などについて説明を受けた。子どもたちは「使っているロープは200種類以上」「帆走という風の力だけでハワイまで約1カ月かけて行く」などと聞いて驚いていた。

 質問コーナーでは次々と手が挙がり、「なぜ海王丸という名前なんですか」「どのぐらいのスピードが出ますか」などと質問。船員から「日本の海の王者にふさわしい船にしたいという思いから名前が付きました」「最速で21・5ノット出たことがあります。時速40キロ近くです」などと説明を受け、真剣な表情でメモを取っていた。

 見学会を終えて柏田愛々紗(ああさ)さんは「思った以上に大きかった。船には『国際信号旗』という、近くの船と通信する旗がいっぱいあることに驚きました」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top