【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の大人と防災体験

本紙掲載日:2018-01-24
8面
バケツリレーを体験する児童たち
災害救援物資の受け入れ訓練
ストッキングを使った止血法の実習

消火訓練、炊き出し、応急手当て−延岡市西小学校

 延岡市西小学校(木下史朗校長、302人)は20日の土曜授業で、地域との防災体験交流を実施し、児童たちは身近な大人から緊急時の対応を教えてもらった。

 地元の恒富西地区社会福祉協議会や日赤救急安全延岡地区奉仕団が協力。学年ごとにバケツリレーの消火訓練、災害救援物資の受け入れと仕分け、応急手当て、非常食の炊き出しを体験した。

 このうち救援物資は、あらかじめ用意していた「おにぎり」「水」「「毛布」などの張り紙をした段ボール箱を、児童が2人一組で抱えながら次々と搬入。校舎出入り口に設置した長机で受け付けの児童が中身や数量を用紙に記入し、避難所(各教室)からの要請に応じて仕分け、配送した。

 炊き出し訓練は日赤奉仕団の指導の下、ハイゼックスと呼ばれる簡易炊飯用の袋に1食分ずつの洗米と水を入れ、校庭に設置したガスかまどの大釜で沸騰させたお湯に入れて調理した。

 バケツリレーはまず、長机3台とブルーシートを組み合わせた簡易水槽の作り方を見学。児童はそこに向けて、プールからくみ上げた水を2列になってジグザグにバケツで手渡して運んだ。

 応急手当てでは包帯法などを実習。伸縮性のストッキングを頭にかぶせ、脚の部分で縛って止血するといった、身近な物の活用術を学んだ。

 救援物資の受け付けを体験した甲斐みのりさん(3年)は「物資がどんどん届いて混み合ったのが大変でした。実際には大人がすることだと先生から聞きましたが、いざという時は手伝いたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top