【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学日向会場(下)

本紙掲載日:2018-01-25
8面
熱心に聞き入る受講者

救急診療について−市立東郷病院・佐藤大亮院長

◆被災直後は病院機能まひ−臨機応変さ大事日ごろから心掛け

 次は、災害医療についてお話しします。平成17年3月20日、玄界灘を震源とする福岡県西方沖地震がありました。最大震度は6弱でした。

 当時、済生会福岡総合病院に勤めていました。同病院は中央区で、被災地の真ん中でした。被害状況は中央区が一番大きく、負傷数も339人で一番多かったです。重症の人も軽症の人も全体の約半分が中央区でした。

 福岡は病院が多いです。済生会病院を含め、災害拠点病院が五つあります。公的病院が他に三つで、被災された方が行く病院はたくさんありました。

 済生会病院には、地震が起こった瞬間ぐらいから1時間以内の間に多数の患者さんが来ました。重症は10人いないぐらいで他は軽症患者です。

 2時間過ぎるとだんだん減っていきました。とはいっても、職員の数は普通の勤務態勢なので多くはありません。緊急事態ということで職員に招集がかかり一気に集まるのですが、患者さんがどんどん減ってきた段階で増えてくるという状況でした。

 被災直後に医療現場でどういう問題が起こっているかというと、とにかく軽症患者が短時間に一気に来ます。そうなると病院機能がまひします。

 それから、救急隊も状況を把握しきれていないので、どこの病院に搬送すればよいか分からない。そのため一つの病院に患者が集中します。

 病院間の連絡も取れず、全体的な傷病者数や他の病院の収容能力が把握できず混乱してしまいました。また、病院のエレベーターが停止し、屋外ヘリポートも使用できないなど施設自体の機能が不全となります。

 これが、被災地にある病院の状況です。被災地から少し離れると、病院としての機能が残っているということがあります。

 災害には地震や風水害、交通災害などさまざまあり、規模も異なるため、病院が果たせる機能も変わってきます。一概に災害といってもいろんなケースがあり、「どう対処していいかわからない」というのが福岡の病院で経験したことです。

 その膨大なマニュアルを作成し、スタッフに通達してきちんと行動できるように構築することは無理です。

 時と場所を選ばずに発生する災害の性格上、起こったときにどのように対応するかという臨機応変さが大事になってくるんですね。

 それは結局、防災訓練が大事ということなのです。訓練にも、シナリオがあってあらかじめに用意したプログラムに沿って決まった場所に集合するなどの「集合型・分散型」、シナリオはなく大まかな被災状況のみを想定付与し各人の判断行動に任せるなどの「発災対応型」があります。

 発災対応型は、臨機応変に対応しなくてはならずリアルで実践的な訓練ではありますが、実際に行うとパニックになります。一長一短があり、よく考えてやらなければなりませんが、常日頃ごろから個々のケースに応じた臨機応変な対応を心掛けることが重要です。

その他の記事/過去の記事
page-top