【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

共同開発レシピなど紹介

本紙掲載日:2018-02-12
4面
試食する参加者
公開された加工品や試作品

日向市地域雇用創造協議会

◆実践メニュー成果物公開セミナー

 日向市地域雇用創造協議会(会長・清水邦彦市商工観光部長)主催の「実践メニュー成果物公開セミナー」が8日、同市上町の日向商工会議所1階多目的ホールで行われた。市内の事業者や創業を希望している人などを中心に約30人が参加した。

 同協議会は厚生労働省の委託を受け、平成27(2015)年度から平兵衛酢(へべす)やトマトなど地域の素材を生かした土産品・加工品開発事業を進めてきた。同セミナーはレシピやノウハウを市内事業所に無償提供することで、事業拡大などによる雇用創出を目的に開かれた。

 この日は、これまで市内事業所などと共同開発した日向特産のヘベス、シラス、トマトを素材にした加工品「へべすちりめんせんべい」「へべす寒天ゼリー」「とまとぷりん」3商品の特徴やレシピの紹介を行ったほか、実際に一つ一つ試食して味を確認した。

 参加者から「使用料が発生することはないのか」「原材料の仕入れ先は紹介してもらえるのか」などの質問が出たほか、個別の相談会も行われ、商品化に前向きな事業所が数社あった。

 夫と和風居酒屋「味処きむら」を営む木村真弥子さんは「へべす寒天ゼリーはほどほどの甘さでおいしかった。初めて参加したが、いろいろな取り組みをしていることを初めて知った。ぜひまた参加したい」と話した。

 同協議会の黒木正事業推進リーダーは「ぜひ雇用につながるヒット商品が誕生するとありがたい」と期待を寄せていた。

その他の記事/過去の記事
page-top