【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

指導者固定が天皇杯への近道

本紙掲載日:2018-02-13
1面

2巡目国体見据えて県推進本部会議

 県競技力向上推進本部会議(本部長・四本孝県教育長、17人)が9日、県庁であった。2026年に本県で開催予定の2巡目国体に臨むに当たり、基本的な考え方や方向性を示す「県競技力向上基本計画」の骨子案を議論した。

 基本計画は年内の策定を目指す。骨子案によると、2020年までを育成期、21〜23年までを躍進期、24〜26年までを充実期、27〜29年までを継続期と位置付け、入賞が期待できる選手の発掘・採用と育成・強化、優秀指導者の採用・育成・研修に取り組む。推進体制の強化なども盛り込む。

 その上で天皇杯順位について、育成期は30位台、躍進期は20位台とステップを踏み、充実期は1桁、迎える本番は頂点を目指す。継続期は20位台をキープする。

 委員からは「天皇杯獲得には指導者が全て。そのためには公立中・高校の優秀な人材を短期間で異動させることなく固定し、じっくりと指導に当たらせることが大事」の指摘があり、四本本部長は「異動に関しては私の責任であり、大きな目標を第一に考えた指導者の適正配置を十分に考えていきたい」と応じた。

 〃ふるさと選手〃の有効活用や、小学生から中学生のジュニア層の継続的な強化を求める声も出た。

 同本部は平成10、11年の国体で天皇杯順位が連続最下位となったのを受け。12年に発足。県や関係団体、学校、企業の各代表、学識経験者で構成する。

その他の記事/過去の記事
page-top