【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大寒の夜に延岡―日向歩行

本紙掲載日:2018-02-14
7面
今山八幡宮で安全祈願し、目的地の大御神社を目指す参加者(提供写真)

ボーイスカウト延岡第4団

◆寒さと眠気に耐え32キロ踏破

 ボーイスカウト延岡第4団(吉玉典生団委員長)は、一年で最も寒いとされる大寒(1月20日)の夜から翌朝にかけて「第4回大寒オーバーナイトハイク2018」を行った。

 寒さと眠さと長距離歩行の困難に耐えながら目的地を目指すことで心身の鍛錬と、32キロ踏破の達成感や満足感を感じてもらおうと毎年行っている。

 テーマは「日向乃國(ひむかのくに)のお伊勢参り」。小学6年から中学3年までのボーイ隊を中心とするスカウトや指導員、保護者、一般参加者ら三十数人が参加。今山八幡宮(延岡市)から大御神社(日向市)まで約32キロの夜間歩行に挑戦した。

 参加者は今山八幡宮に参拝して道中の安全を祈願し午後10時にスタート。中心市街地から国道10号に出て、塩浜町、土々呂町、門川町を南下して日向市入り。翌朝、日向岬を経て、グリーンパーク駐車場で日の出を見るなどして、午前8時30分ごろ大御神社にゴールした。

 途中、足の痛みなどでやむを得ずチャレンジを断念する子どもたちも出たが、参加者は寒さや眠さに耐えながら、また、保護者らが準備した温かいぜんざいや鶏団子汁をパワーに変えながら力強く歩を進め、予定より早いペースで目的地に到着した。

 引率したボーイ隊の佐々木也弥隊長は「大寒の厳しい寒さの中での挑戦ですが、達成感や満足感を味わい、クリアしていく強い人間になってほしい。また、そういうふうにつながってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top