【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

女子トップリーグを体感

本紙掲載日:2018-02-14
9面
原選手を中心に円陣を組んでスタートした
2―1の練習で原選手をかわしてシュートする参加者
ステップを踏みながら二つのボールを使ってのパスを披露する選手たち

延岡でハンドボール講習会

◆原選手所属−三重の監督や選手が指導

 原希美選手が所属する三重バイオレットアイリス(三重県鈴鹿市)は13日、延岡市牧町の延岡星雲高体育館で市内の小中高校生を対象にした技術講習会を開いた。櫛田亮介監督を中心に、原選手ら日本代表3人を含む16人の選手も熱心に指導。約120人がトップクラスの技術、練習を体感した。

 同市教育委員会が主催し、市ハンドボール協会が主管。原選手を縁に、市協会の依頼をチームが快諾し、市教委の「チームのべおか小中高連携アスリート育成事業」として実施した。

 市協会の松田和己会長が「一流の技術をじかに学べるめったにない機会。一つでも学んでほしい」とあいさつ。櫛田監督は「きょうのメニュー、考え方はチームで実際に行っていることと一緒。日本リーグや日本代表につながると夢を持ってやってほしい」と呼び掛けた。

 円陣を組んで原選手の音頭で大きなかけ声を出してスタート。楽しみながらウオーミングアップをした後、ディフェンスなど動きの基本姿勢となる「パワーポジション」から指導。走ってステップを踏みながらのパス交換、シュートなど選手をお手本に練習した。

 櫛田監督はシュートを打つタイミングなども詳細に説明。体の動かし方や技術など、トップリーグの理論を分かりやすく子供たちに伝えた。

 平日の午後5時から約2時間の講習会。学校が終わって駆けつけ、途中参加の児童、生徒もいたが、丁寧な指導に満足そう。「細かいところまで知ることができた」「これからの練習や試合に生かしたい」とお礼を述べた。

 原選手は「延岡にいた小、中学生時代も高校、大学、クラブでもうまくいかないことや目標を達成できなかったことはあった。それでも、小さくても目標を持ち、達成することで成長できる。チャレンジすること、諦めずに頑張ることが大切」と語りかけていた。

◆講習会前に教育長を訪問

 原選手は講習会を前に、延岡市役所に笠江孝一教育長を訪ねた。笠江教育長は「一流に会える機会はなかなかない。素晴らしいチャンス」と講習会への感謝を語っていた。


最後は講習会の参加者で記念撮影
その他の記事/過去の記事
page-top