【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界での戦いに大きな手応え

本紙掲載日:2018-02-14
9面

ハンド女子−原選手に聞く

◆リーグ日本一、五輪メダルを目標に

 ハンドボール女子・日本代表で主将を務める原選手は13日、延岡市役所で夕刊デイリー新聞社の取材に応え、世界選手権での手応え、リーグ日本一、そして2020年の東京五輪へ。「私は日本では大きい方だが、世界では小さく、当たり負けもする。でも日本の特長の俊敏性、機動力を強化していけば、メダルは目指せる」と語った。

 原選手は延岡東小時代に延岡東ハンドボールクラブで競技に出合い、延岡中、宮崎学園高で活躍。日本体育大を経て、日本リーグの同チームに加入した。170センチの右利き、レフトバックのエースポジションで、大学4年時から日本代表に選ばれている。

 チームではエース、主将を任され昨季は、平成18年のチーム設立以来初の4位でプレーオフに進んだ。加入6年目の今季(昨年8月開幕)は左膝の再手術により一時離脱したが、完治後に復帰。24節中の21節を終えた今季は14勝1分け6敗の3位につけ、4チームで争うプレーオフ、そして日本一を目指している。

 「一昨年のリーグ戦で左膝の半月板を断裂。手術したが、完治しないまま復帰を急いでしまい、昨年の9月に再手術をしました」

 「目標の日本一へ向けプレーオフ争いのまっただ中。若いチームなので好不調の波が課題です。主将として、プレーでも言葉でもチームの柱として、1点を争う試合を勝ち切る強さを出していきたい」

 12日は別府市でオムロンに22―21で勝ち6連勝。原選手も5点を挙げ貢献した。18日は小林市でソニーSCMとの対戦を控えており、今回は原選手の縁で、チーム全員で延岡市に立ち寄り、講習会を実施した。

 「私たちの小中学校時代は全国で通用せず、それを目指して宮崎学園に進学しました。でも延岡に強い学校があれば、そこでやりたかったという思いもあります。だから、今の高校生に頑張ってほしいです」

 開催国として出場が決定している来年11月の熊本である世界選手権と、2020年の東京五輪。それを目指す日本代表の主将も務める。

 「主将は今の監督になった一昨年の6月からです。前と今の2人の監督に呼ばれ、『私で大丈夫?』と思いましたが、せっかく名前を出していただいたので受けました。監督(ウルリック・キルケリー=デンマーク)は、日本の良さを理解し、引きだそうとしてくれる情熱のある人。付いていこうと思わせてくれます」

 主将として臨んだ昨年12月の第23回世界選手権(ドイツ)。膝はまだ万全でない中、全試合にスタメン出場した。予選リーグは、初戦で優勝経験のあるブラジルを相手に原選手がチーム最多の8点を挙げるなど28―28の引き分け。2勝1分け2敗で決勝トーナメントに進んだ。

 「初の世界選手権という選手が大半で、不安だらけだったんですが、初戦でミスを恐れず思い切りできて、自信になり、波に乗れました。チームとして徹底している足を使ったディフェンスからスピードを生かした速攻などの攻撃。一人ひとりがやるべきことを徹底すれば、戦える。そして、もっと強化していけば、メダルが目指せる位置にあると思えました」

 8強を懸けた同トーナメント1回戦では、結果3位に入るオランダを相手に、延長にもつれ込む激闘。東京五輪を前に、「女子ハンドは世界で戦える」と大きな話題となった。

 「少し結果は残せたけど、まだメダルには届いていません。主将として、もっと一人ひとりが強くなるようしっかり見つめ直し、チームをまとめ、一人ひとりの良さを引き出せるように周りに目を配りたいです。個人としては、今回も膝は万全ではなく、途中からは守備が中心の出場でした。しっかり万全に戻し、攻守で活躍できるようになりたいです」

 「ハンドボールは一人が頑張っても点は取れない競技で、みんなで勝った喜び、負けた悔しさを感じられます。やっても見ても楽しい競技です。まだハンドのこと、私のことも知らない人は多いと思いますが、知ってもらって、応援してもらえたらと思います」

 18日午後1時から、小林市民体育館で三重バイオレット―ソニーSCがあり、2019年11月31日から12月15日まで、熊本県内で世界選手権が開催。「県北の人たちに見に来てほしいです」。

その他の記事/過去の記事
page-top