【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校生講師が大活躍

本紙掲載日:2018-02-15
3面
東海東小などで講師を務めた中根君(中央のネクタイ姿)
2月3日に南方小で開かれたジュニア科学スクール。延岡工業高から初めて女子生徒が講師に加わった

ジュニア科学スクール

◆お兄さん先生で親しみやすく

 延岡市の野口遵=したがう=顕彰会(清本英男会長)が市内の小学生に科学技術への関心を高めてもらおうと続けている「ジュニア科学スクール」。平成28年度からは延岡工業高校電気電子科の生徒たちが講師として加わり大活躍している。

 「はい、注目ー、楽しかったですか?」

 スクールの終盤、講師の中根裕作君(18)=同高3年=が尋ねると、小学生から「はい!」と元気のよい答えが返ってきた。

 同スクールでは平成27年度以降「ペットボトル風力発電機」を教材に、発電の仕組みや自然エネルギーなどを教えている。ペットボトルをプロペラ型に切って作る小さな風力発電機。1月20日、東海東小学校6年生を対象にしたスクールでは、顕彰会から1人と同高3年生5人が講師を務めた。

 中根君は「風車を見たことがある人?」と手を挙げさせて、地球温暖化や自然エネルギーについて説明。自作してきた三路スイッチ(2カ所で電源を操作できるように配線したもの)を見せて電気への興味を起こさせ、最後は「延工ではこういう勉強ができるよ」と学校の宣伝まで行った。見事な講師ぶりだ。

 6年生の井村好誠君(11)も「分かりやすくて楽しかった」と満足そう。高校生の〃先生たち〃は、出来上がった発電機のプロペラにサインをせがまれるほどの人気だった。

 中根君が講師を務めたのはこの日が5回目で、顕彰会のスタッフを除けば一番のベテラン。「最初は小学生にどう教えれば伝わるんだろうと戸惑ったが、それが分かってからは本当に楽しかった」と振り返り、「何も知らない人にどう教えるかは社会に出ても大切なことだと思うので勉強になった」と話した。同スクールは小学生だけでなく、高校生の人材育成にもなっている。

 中根君は第二種電気工事士をはじめ八つの資格を同高で取得しており、卒業後は地元企業に就職が決まっているそうだ。

 顕彰会は、今後も高校生が講師を務めてくれることを願っている。「後輩たちが教える楽しさを分かってくれて、続けてくれるとうれしい」と中根君。2月3日、南方小6年生を対象にしたスクールでは、初めての女子生徒を含む1年生から3年生まで8人が講師を務めた。

【ジュニア科学スクール】
旭化成の創業者で国内化学工業の先駆者である野口遵の顕彰会が平成24年から始めた。今年度は11校から開催依頼があり、通算開催数は今月28日の一ケ岡小で29回になる。基本的には顕彰会のスタッフが指導するが、延岡工業生が都合のつく日に講師として加わっている。

その他の記事/過去の記事
page-top