【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

人、物が蒸発?−見えにくい夜間の道路

本紙掲載日:2018-02-15
3面
コーンの色や数を認識しようと目をこらす参加者

日向警察署が照射研修会

 夜間に道路が見えにくくなる状態について考えてもらおうと日向警察署は9日、日向市財光寺の市消防訓練広場で夜間照射研修会を行った。日向地区に営業所を置くタクシー会社や交通安全協会など関係機関から約30人が参加した。

 日向署管内では昨年11、12月にタクシーと歩行者の交通死亡事故が発生。その交通死亡事故防止検討会で出席者から、夜間の視認性などについて学ぶ研修会開催の要望があり、今回初めて実施した。

 夜間の視認性体験では車両の50メートル先に白、黄、緑、黒など色違いのコーンを立てて色や本数を識別。「何本立っているか分かりますか?」の問いに当初は6、7本との答えが集中。ロービームとハイビームを使い分けながら除々に距離を近づけていくと、実際には8本が立っていたことが分かった。

 色については、「白や黄色など明るい色は分かるが、紫や黒は全く分からない」など、夜間時には暗い色の認識が困難であることを感じていた。

 また、前方にいる人、物が見えなくなる「蒸発」、対向車のライトを直接目に受けた時に一瞬、見えなくなる「幻惑」についても体験。対向車のハイビームで歩行者がどう見えるのか、実際に見ると、歩行者の確認が極めて難しいことが分かった。

 この時に自分の車もハイビームにしても、見え方は変わらず、参加者は「こりゃ無理じゃ」「分かる訳ない」と感想。署員は「対向車がハイビームの場合は目線を左にして減速する。一旦停止をするとより安全」とアドバイスしていた。

 ほかにも、明るい所でも死角があることや反射材がいかに効果的であるかなど、さまざまな夜間特有の物の見え方を実験した。

 内立三郎交通課長は「人は自分の目で見えているものが100%現実だと思ってしまう。しかし見えていない物があり、錯覚があることを分かってもらえたと思う。見えているものが全てじゃないことを頭に入れとけば対応の遅れがなくなる。今後の運転に生かしてほしい」と呼び掛けた。

 みやこタクシーの前田和久さん(65)は「目には自信があるが過信はいけないと思った。こまめにライトを切り替えて今後も安全運転に努めたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top