【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ウルスラ高3年生対象に消費生活セミナー

本紙掲載日:2018-02-16
2面
消費生活上の注意点に耳を傾ける生徒

悪質業者に注意−口約束だけで契約成立


 延岡市緑ケ丘の聖心ウルスラ学園高校(牧野みどり校長)はこのほど、3年生114人を対象にした消費生活セミナーを開き、生徒は卒業後に向けた気構えを新たにした。

 県消費生活センター延岡支所の消費生活啓発員、松本哲也さんが買い物やインターネットのサービスを利用する際の注意点などを説明。問題が起きた際の対応をアドバイスした。

 松本さんは、普段の買い物では契約書を交わしたり支払いをしなくても、口約束だけで「契約」が成立することを説明。一度結んだ契約は原則解除できず、返品などはあくまでも売り手が善意で応じているだけだと強調し、悪質な業者に注意するよう促した。

 一方、契約した日を含む8日間内であれば無条件で契約を解除できるクーリング・オフ制度があることも紹介。ただし、訪問販売や電話勧誘販売といった相手からのセールスや、語学教室、家庭教師、エステなど実際に試してみなければ判断できないようなサービスしか対象にならないと語った。

 また、ワンクリック請求は老若男女問わずトラブル相談が圧倒的に多いと報告。ワンクリック請求はインターネットの検索サイトやニュースサイトなどに表示される「無料」とうたったアダルトサイトを開いた途端、有料利用契約を結んだと通知する画面が出て閉じられなくなるという。

 電話やメールでの問い合わせを誘導して利用料金や退会手続き料の名目で現金を支払わせようとするのが手口で、松本さんは「無視するに限る」「絶対に連絡しないで」と説明。

 最近は、「初回無料」などとうたって実際には定期購入を申し込んだことになる商法の相談も急増しているとして、「何かトラブルに遭ったりおかしいと感じたら気軽に消費生活センターへ相談を」と呼び掛けた。

 生徒の赤木優太君は「口約束だけでも契約になることは知りませんでした。スマートフォンは結構使うので、きょう聞いたようなトラブルに遭わないよう注意します」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top