【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ホテルメリージュ延岡、宮交HDに譲渡

本紙掲載日:2018-02-17
3面
記者会見で新ホテルの運営方針を話した(左から)宮崎観光ホテルの田川社長と宮交HDの菊池社長

4月1日から「エンシティホテル延岡」に

 経営再建中だった延岡市紺屋町のホテルメリージュ延岡(志多克彦社長)が、宮交ホールディングス(HD、菊池克鮗卍后砲了渦爾膿靴靴ぅ曠謄襪箸靴得犬泙貶僂錣襪海箸16日、正式に決まった。新名称は延岡・縁・円満を意味する「エンシティホテル延岡」。運営は同傘下の宮崎観光ホテル(田川勝美社長)が担う。菊池社長は「宮交HDの培ってきたノウハウが、地域やこのホテルの発展に寄与できると判断して(事業譲渡先に)手を挙げた。旅行業、ショップ&レストランなど県内で展開している多様な事業との相乗効果が期待できる」と話した。

 菊池社長、田川社長、メリージュ延岡社代理人の洲崎達也弁護士が同日記者会見を行い発表した。

 メリージュ延岡社が同日午前開いた臨時株主総会では、出席した株主の全員が事業譲渡に同意。受け皿会社として新たに設立された「エンシティホテル延岡運営管理株式会社」(菊池社長)と同日午後、譲渡契約を結んだ。同社が宮崎観光ホテルに運営を委託した。

 譲渡額は5億5000万円で、金融機関への返済の一部に充てられるが、負債の残額18億円は宮崎銀行を筆頭とする6金融機関が債権を放棄することで同意している。取引先への債務は新会社がそのまま引き継ぐため影響ない。従業員約100人は雇用を維持し、宮崎観光ホテルから総支配人と部門責任者として5人が加わる。

 4月1日付で新ホテルに移行。メリージュ延岡社はその後解散する。新ホテルは営業を続けながら1年をかけて館内を更新・改装する。直営レストランの見直し、ホールのデザイン一新、客室設備の見直しなどを予定しており、投資額は約5億円。2年目には黒字化を目指す。なお、宮交タクシー社長の岩満浩氏(62)が同日付でエンシティ社の新社長に就任する。

 ホテルメリージュ延岡は平成10年開業。客室125室、大ホール、レストランなどを備える。最盛期は年間13億円(同12年ごろ)を売り上げたが、リーマンショックが起きた同20年以降、婚礼数の減少、熊本地震に伴う観光客の減少などで赤字が続いていた。平成29年は3万6459人(稼働率69・8%)の宿泊があったものの、売り上げは7億円だった。

その他の記事/過去の記事
page-top