【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東西自由通路−開通記念イベント

本紙掲載日:2018-04-02
1面
開通した東西自由通路を通り初めする親子連れ
先行オープンした待合スペース。電光掲示板(右)が交通情報を案内する
エンクロスの内覧会には大勢が訪れた

エンクロス市民内覧会

◆市民の玄関口、魅力をアピール

 延岡市が建設した延岡駅前複合施設エンクロスの全館オープンに先立って1日、東西自由通路の供用が始まったのに合わせて、エンクロスの市民内覧会と同通路の開通記念イベントが行われた。

 内覧会は午前中のみ2時間。ブック&カフェの販売はなかったが、試飲で提供された飲み物を飲みながら館内の本を自由に読むことができ、座席は1、2階合わせて240席ある。訪れた人たちは、それぞれ席を見つけてくつろぎ、エンクロスの〃使い方〃を体験した。

 東西自由通路は、駅の設備全体をまたいで幸町と日の出町を結ぶ歩道橋形の市道で、正式名称は「市道延岡駅東西自由通路線」。従来は歩行者がすれ違える程度の幅員しかなかったが、3・5メートルに広がり、屋根とエレベーター付き。エレベーターには自転車も載せられる。

 この日は通路内で鉄道写真展を開き、市民グループの「みちばた音楽隊」がストリートミュージシャン風に演奏するなどして、さまざまな活用法が考えられる同通路の空間としての魅力をアピールした。

 エンクロスのキッズスペースには、靴を脱いで下りるくぼみのような「キッズエリア」を中心に、児童書紹介コーナー、授乳室、調乳器もある。内覧会では早速、大勢の親子がキッズエリアで絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりした。

 6歳の男児の母親の松田陽子さん(31)=延岡市野地町=は「(キッズスペースは独立しているので)子どもが騒いでも他の人に迷惑にならないし、安心して遊ばせられる。母親同士、子ども同士のコミュニティーもできそう」。

 全館オープン後の今月中に2回、館内で手芸のワークショップを開く予定の西嶋弘子さん(59)=延岡市古川町=は「オープンを待ち望んでいた。たくさんの人がここで生き生きと活動する姿が想像できて楽しみ。キッズスペースが充実しているので、親子がワークショップに参加してくれたらうれしい」と期待した。

 エンクロスは、延岡市の玄関口にふさわしい〃顔〃とにぎわいの創出、市民活動の発表ができて参加できる場、交通機関の待ち合い、読書、勉強、仕事などさまざまな目的で過ごせる場所として延岡市が平成21年から約10年がかりで整備した。13日に全館オープンする。

 中林奨館長(33)は「この1週間、準備は大変だったが、皆さんが笑顔で楽しんでいるのを見てホッとした。利用者にスタッフがよりよい対応ができるよう、13日まで研修に力を入れたい」と話した。

 列車やバスの待合スペース(1階のみ)もこの日先行オープンした。年中無休で午前7時30分から午後9時まで利用できる。東西自由通路は防犯カメラが死角なく設置されており、24時間通行できる。駅北の駐車場は、13日以降はエンクロスに入館すると2時間まで無料となるが、現在の料金体系は従来の市営駐車場と同じ。

その他の記事/過去の記事
page-top