【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

27団体に57万円贈る−イオン延岡

本紙掲載日:2018-04-24
3面
杉野店長(右)からギフトカードを受け取る登録団体の代表者。左奥は投函ボックス

黄色いレシートキャンペーン

 売上金の一部を地域のボランティア団体に還元するイオングループ「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の平成29年度贈呈式が22日、延岡市旭町のイオン延岡店(杉野康盛店長)であった。市内27団体に総額56万9300円分のギフトカードを贈った。

 イオングループの各店は毎月11日、購入者に黄色いレシートを発行している。店内には団体別に仕切った投函(とうかん)ボックスが設置されており、購入者が自分の応援する団体のボックスに黄色いレシートを入れると、レシートに印字された金額の1%分がその団体に贈られるシステム。団体は登録制。

 店舗単位で行っており、延岡店では昨年度(昨年4月から今年2月まで)、5693万円分のレシートが投函された。しかし投函率は25%と低め。

 贈呈式で杉野店長は「黄色いレシートの意味をもっとPRし、投函率を上げて寄贈額100万円を目指したいので、皆さんからもお声掛けをお願いします」とあいさつ。投函された合計額に応じた8500円〜6万1300円分のギフトカードを、それぞれの団体の代表に手渡した。

 児童養護施設みどり学園(同市若葉町)の保育士、中村文映(もえ)さん(22)は「応援していただいてありがたい。いただいたギフトカードで、子どもたちの生活環境向上に役立つ物を買いたい」と話していた。

 今年度は26団体が延岡店の同キャンペーンに登録しており、投函ボックスは正面入り口そばに設置されている。

その他の記事/過去の記事
page-top