【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

将来の林業担う

本紙掲載日:2018-04-25
3面
林業青年アカデミー5期生の開講式

19〜39歳8人が新たな一歩−美郷町西郷

◆県の長期研修制度−林業青年アカデミーが開講

 将来の林業経営を担う人材を育てる県の長期研修制度「みやざき林業青年アカデミー」の開講式が、24日に美郷町西郷田代の県林業技術センターであり、19〜39歳の研修生8人が新たな一歩を踏み出した。

 アカデミーは、新規就業者の確保と育成を目的に、平成26年度から実施している。来年度からは林業大学校として改め、定員や年齢層を拡充する計画で、今回の5期生がアカデミーとしては最後の年。これまでに28人が研修を修了している。

 今年度の研修生は、美郷町や川南町、木城町、県外などから8人。これから1年間、支援金の支給を受けながら同センターに通い、林業経営に関する知識の習得、就業に必要な資格の取得、下刈りや間伐などの現場実習に取り組むという。

 開講式では、県環境森林部の甲斐正文部長が「再造林対策や人材の確保は喫緊の課題となっている。これから学びを通して、研修生同士の新たな絆や地域とのつながりを築いてほしい」とあいさつ。

 来賓の田中秀俊美郷町長は「皆さんは県の林業を担う希望の光。しっかりした知識を身に付け、閉講時には全員が証書を受け取れるよう頑張ってほしい」と呼び掛けた。

 その後は、宮崎大学農学部の藤掛一郎教授が「わが国の人工林林業確立に宮崎で挑戦する」をテーマに講義し、研修生は真剣な表情で聴講した。

 昨年に帰郷し、今年度の研修に参加する黒田薫さん(26)=美郷町北郷=は「いつか地元で働きたいと思っていた。ここで勉強して資格を取り、実践力を身に付けて、将来的には自分で経営できるようになりたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top