【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

6月1日から全課に設置−日向市

本紙掲載日:2018-04-25
2面
レインボーフラッグを前に話す十屋市長

レインボーフラッグ

◆LGBTへの理解と支援の象徴

 日向市は6月1日から、LGBT(性同一性障害などの性的少数者)への理解と支援の象徴である「レインボーフラッグ」を市役所全課の窓口や、市立図書館や支所など市の公的施設16施設に設置する。十屋幸平市長が24日開いた定例記者会見で明らかにした。

 市によると、レインボーフラッグの設置は県内の自治体では宮崎市と小林市に次ぐもので、すべての課での設置は県内初という。

 同市では人権を守る取り組みとして、LGBT当事者による市民向け講座の開催をはじめ、性同一性障害者に配慮して申請書などからの性別欄削除や、選挙投票所入場券の男女表記の数字変更ほか、小中学校での男女混合名簿(性で分けない名簿)の導入などを実施してきた。

 レインボーフラツグの設置は、LGBTの人たちが来庁しやすい環境をつくることで、市民や企業などへのLGBTに対する理解が深まるとともに、多様性を認め合うことを通して、市民一人ひとりの人権が尊重される社会づくりを目指す目的で実施することになった。

 設置を前に、5月18〜25日に全職員を対象にした職員研修「LGBTの基礎講座」も開催することにしている。

 十屋市長は「市の姿勢として設置することにした。市民の皆さんに見てもらうことで関心を持ってもらい、何の旗か理解していただきながら、LGBTの方々に対する理解や認識を深めてもらいたい」と話した。

 「レインボーフラッグ」はレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンター(LGBT)の尊厳と、LGBTの社会運動を象徴する虹色の旗で、米国人の芸術家ギルバート・ベイカー氏(故人)がデザイン。1978年にサンフランシスコで行われた同性愛者のパレードの時に制作されて以来、LGBT尊重のシンボルとなって世界中に広まった。旗の色は当初8色だったが、現在は赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色。

その他の記事/過去の記事
page-top