【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

85歳の名優仲代達矢さん迎えて

本紙掲載日:2018-05-02
9面

開幕、第23回宮崎国際音楽祭

◆語りと音楽で描く自画像−声楽家の米良美一さんと“共演”

 第23回宮崎国際音楽祭が開幕し、4月30日には俳優の仲代達矢さんを迎えてのスペシャルコンサート「Oh!My!クラシック」が行われた。歴史に残る映画や舞台に出演している仲代さん、「85歳の自画像」を音楽と共に描き出した。

 西都市出身の声楽家・米良美一さんが聞き手を務めた。俳優になる前の厳しいアルバイト生活、27歳で主役に抜てきされた大作映画「人間の條件」、黒澤明監督や先輩俳優である三船敏郎、友人だった勝新太郎らとのエピソードを紹介した。

 「人間の條件」からロシア民謡「カリンカ」を正戸里佳さんがバイオリン演奏。仲代さんが最も好きな映画というオーソン・ウェルズ主演「第三の男」のテーマ曲は河野直人さんがツィターで奏でた。

 俳優を育てる「無名塾」を一緒に立ち上げた亡き妻の宮崎恭子さん(女優、脚本家、演出家)についても語った。

 特に観客を感動させたのが仲代さんの語りと米良さんの歌、加藤昌則さんのピアノでつづった「ミスター・ボージャングルス」。

 仲代さんは、酔っ払って過去を懐かしむ落ちぶれた芸人の虚勢と悲しみを、語りと表情、わずかな動きだけで見事に描き出した。それに米良さんの哀愁を帯びた歌が重なり、観客をドラマの世界に引き込んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top