【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

こどもとしょかんフェスティバル−延岡市立図書館

本紙掲載日:2018-05-14
6面
本の貸し出しなど図書館員の仕事を体験する一日図書館員
多くの人が詰め掛けた「ブックリサイクル」コーナー
ブックリサイクルで手にした本をさっそく開く
車の中にはたくさんの本が載せられている
移動図書館車「せせらぎ号」(右)と「ふくろう号」の展示
図書館内「おはなしのへや」では図書館員による本の読み聞かせ

図書館で遊ぶ楽しいふれあい

 市民から提供された本を無料で持ち帰ることができる「春のミニブックリサイクル」は今年も人気を集めた。また、絵本「スイミー」(レオ・レオニ作)の世界を表現する折り紙教室、子ども向け映画上映会、図書館職員による本の読み聞かせなどもあり、多くの家族連れが図書館の各所を回って、絵本の世界に触れた。

 館外のふくろう広場には、通常は北川分館にある移動図書館車「せせらぎ号」が同フェスティバルに初めて登場。同じ移動図書館車の「ふくろう号」と一緒に公開された。

 せせらぎ号は昭和54年度に旧北川町が導入。現在の車は4代目で約2500冊の本を積載することができ、定期的に北川地区と北浦地区の計39カ所を回って本の貸し出し、返却などを行っている。

 ふくろう号は平成9年に延岡市が導入。約3000冊の本を積むことが可能で、旧延岡市内32カ所を定期的に回り、2カ月に1回、島浦町と北方町を回っている。

 2台とも車いす利用者のためのリフトを備えている。来場者たちは車の設備や外観を眺めたり、中にびっしりと並ぶ本を手に取ったりしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top