【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

校舎ミニチュアありがとう

本紙掲載日:2018-05-17
7面
北方学園校舎ミニチュアを寄贈した木村さん(左から4人目奥)と同校中学生徒会役員ら

北方学園に木村喜久生さん寄贈

 延岡市北方町の小中一貫校、北方学園(田代和浩校長、236人)に13日、同市川島町の板金職人、木村喜久生さん(62)から同校校舎のミニチュアが寄贈された。

 木村板金(平原町)の代表を務める木村さんは以前から、仕事場で出る余剰材料の活用法を模索。ブリキ板を使った表現法の可能性を探ろうと、培ってきた技術を生かして平成22年ごろからミニチュア作りを行っている。

 これまでに延岡の城山北大手門や旭化成工場、母校である東海中学校のほか、姫路城や熊本城など作品は多岐にわたる。

 昨年、同校から依頼を受けた木村さんはまず、校内で100枚を超える写真を撮って資料を作成。今年2月に1週間ほどかけて完成させた。

 大きさは幅約1メートル、高さ約60センチ、奥行き約70センチ。完成後は校内展示スペースなどで展示されていた。

 寄贈式は校舎正面玄関前で行われ、同校中学生徒会会長の睫扈磴気鵝複廓)に手渡した。睫遒気鵑蓮嶌戮いところまで再現されていてすごい。大切に後輩へと引き継いでいきたい」とその精巧な作りに驚いた。

 木村さんの模型作品は、すべて郵便受けや小物入れとして活用できるように作られており、北方学園校舎ミニチュアも屋根部分が開閉できるようになっている。同校は今後、正面玄関入ってすぐの事務室横に展示するとしている。

 木村さんは「見るだけでなく、実際に触って楽しんでもらいたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top