【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

星雲―聖心、延学―高千穂、富島―延商

本紙掲載日:2018-05-21
9面

第65回県高校野球選手権大会県北予選

◆5月22日に代表決定戦

 第65回県高校野球選手権大会県北予選は19、20日、延岡市西階球場で1回戦5試合があり、代表決定戦3試合の組み合わせが決まった。決定戦は22日午前9時から、同球場で延岡星雲―聖心ウルスラ学園、延岡学園―高千穂、富島―延岡商の組み合わせ順で行われる。結果は次の通り。

【19日】
▽1回戦・第1試合
延岡工  200100000−3
延岡星雲 00410100×−6
(工)椎葉、児島―中村。(星)北林―高田。▽本塁打=北林(星)
▽三塁打=森(星)
▽二塁打=内倉、池田、藤岡(工)。高田、森(星)
[評]星雲は2点を追う三回、高田の左二塁打から謀弔虜諺安如∨摸咾虜献薀鵐縫鵐伊槊歛任乃嫖勝0聞澆碾謀弔裡完詑任覆匹韮嬰世困腸辰─∨摸咾無四球、無失策で完投した。延岡工は初回に3〜5番の連打で先制。四回は青木の適時打で1点を返した。

▽同・第2試合
門 川  00100− 1
延岡学園 0407×−11(五回コールド)
(門)廣鵝∈篷棔叔田。(延)萱野―三藤。
▽本塁打=小幡(延)
▽三塁打=柳川、三藤、小幡(延)
▽二塁打=甲斐(門)
[評]延岡学園は二回、小幡の右ソロ本塁打などで4点。四回は柳川、三藤、小幡が3者連続三塁打などで勝負あり。門川は三回、一政の左前打と山口の内野安打で1点を返したが、守りのミスが響いた。

▽同・第3試合
日向工・都農000000010−1
延岡商   01400100×−6
(日)稲田、伊東―伊東、石田大。(延)内倉―中田、佐保。
▽三塁打=河野哲、伊東(日)。一宮(延)
▽二塁打=河野哲(日)
[評]延岡商は二回、2死から服部の安打と二盗、尾前の中前打で先制すると、三回は一宮の右三塁打、外山の2点打などで4点を挙げ、大勢を決めた。日・都は八回に河野哲、伊東の長打で1点を返したが、それまでに好機を生かせなかった。

【20日】
▽第1試合
高千穂  000100101−3
日 向  000100001−2
(高)工藤―佐伯。(日)佐保、土工―秋實
▽三塁打=秋實(日)
▽二塁打=平川聖(高)。星、黒木壱(日)
[評]1点を争う好ゲーム。高千穂が左腕工藤を中心に1点を粘り強く守り切った。同点の七回に平川聖の右線二塁打で勝ち越し、九回は敵失で加点。日向は秋實の左三塁打などで追い付き、最終回も秋實からの3連打で1点を返したが及ばず。

▽第2試合
延 岡  000001000−1
聖 心  02000030×−5
(延)松木―児玉。(聖)井上、上村、林田―黒田
▽本塁打=二村(聖)
▽三塁打=河野(聖)
▽二塁打=馬服、児玉(延)。園田、山内(聖)
[評]聖心は先発の井上が五回を10奪三振。3投手の継投で抑え、打線も二回に園田、木原綜の適時打で先制し、七回は二村がランニング3点本塁打を放った。延岡は松木が粘投。六回は松本の左前打から馬服の右越え二塁打で1点差に迫った。


◇ミスをなくして−延岡星雲・謀超粛粥複完詑韮蛎播澄M祁發任盥ゼ蕁
「先週から当たっていて、最初のヒットから乗っていけた。(聖心戦は)前回は途中まで接戦でミスから大差で負けた。勝つなら1点ゲームなので、ミスをなくしていきたい」

◇一丸でガンガン攻める−高千穂・平川聖也
(七回に適時二塁打と、八回に左翼から本塁補殺)
「ここまで勝ち切れていなかったので、絶対勝ちたかった。適時打は走者が走ってくれたおかげだが、変化球をうまく待って打てた。次は強敵だが、ビビってたら勝てない。とにかく全員で一丸となりガンガン攻めていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top