【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬町長選、5月22日告示

本紙掲載日:2018-05-22
1面

届け出現職のみ−町議補選動きなし

 任期満了に伴う五ケ瀬町長選挙と、議員の死去に伴う同町議会議員補欠選挙(被選挙数1)は5月22日、告示された。町長選には2期目を目指す現職の原田俊平氏(64)=無所属=が立候補。ほかに動きはなく、無投票の公算が大きくなっている。また、町議補選はこれまでに動きはなく、立候補者なしとなる可能性が高い(正午現在)。

 町長選、町議補選の立候補届け出は5月22日午後5時まで町役場2階の町選挙管理委員会事務室で受け付ける。選挙戦となった場合、投票は27日午前7時から午後6時まで町内14カ所で行われ、午後7時30分から町民センターで開票される。

 町選管によると、同町の選挙人名簿登録者数は21日現在、3268人(男性1574人、女性1694人)。


◆見えた課題一つずつ解決

 地元の三ケ所神社で必勝を祈願。立候補の届け出を終え、4年前と同じく五ケ瀬町総合公園の五ケ瀬ドーム前で出陣式、第一声を上げた。

 大勢の支持者を前に、原田候補は「悩むこともあったが、楽しく、やりがいを感じる日々だった」と1期目を振り返りつつ、「『ホップ・ステップ!五ケ瀬』をキャッチフレーズに、4年間の行政運営で見えてきた課題を一つずつ解決していきたい」と2期目に向けた決意を強調。

 人口減少が進んでいることを念頭に農林業・商工業の振興やUIターンの推進、IT企業の誘致などによる雇用の創出、医療・福祉・教育の充実、道路網の整備を見越した地域づくりなどに取り組む考えを示した。

 また、増永宗弘後援会長兼選対本部長は「2期目に向かって力強い支援をお願いしたい」とあいさつ。応援に駆け付けた西臼杵郡選出の緒嶋雅晃県議、西臼杵郡町村会長の内倉信吾・高千穂町長らが激励の言葉を送り、最後は支持者と力強く拳を突き上げ、「ガンバロー」を三唱した。

【プロフィル】
五ケ瀬町三ケ所出身。延岡西高、明治大卒。県土地改良事業団体連合会勤務を経て平成6年4月に町役場入り。建設課長、農林課長、総務課長などを歴任。19年4月から副町長を務め、25年5月の町長選で初当選。現在1期目。

その他の記事/過去の記事
page-top