【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

バレエダンサー・西島さんに委嘱

本紙掲載日:2018-05-26
2面
日向市観光大使の委嘱を受けた西島さん(右)

日向市観光大使

 日向市は25日、同市出身のバレエダンサー西島数博さん(46)に市観光大使を委嘱した。任期は3年間で、以降は辞退などの申し出がなければそのまま更新する。

 交付式は市役所ロビーであり、集まった市職員や近くの保育園児らが拍手で西島さんを歓迎。十屋幸平市長が委嘱状を手渡し、記念に平兵衛酢ドリンクや細島産のイワガキ、マンゴー、花束などが贈られた。

 西島さんは3歳からバレエを学び、富高小―日向中から宮崎日大高に進学。電車通学で高校時代まで日向市で過ごしたという。現在はダンサーとして活躍する傍ら、俳優や振付家など、国内外で幅広く活動するダンスアーティストとして知られる。

 昨年11月に市文化交流センターであった伊達バレエ団・バレエスクールの創立70周年記念バレエフェスティバルで、十屋市長が西島さんに直接、観光大使を依頼したという。

 交付式で十屋市長は「『日向市のために何かお役に立ちたい』と言ってもらい、快く受けていただいた」と経緯を紹介。「子どもたちのためにも、日向の宝としてますます活躍してほしい。ふるさとの自然の豊かさ、文化や歴史の情報発信をしていただければ」とあいさつした。

 西島さんは「日向という環境で育ったおかげで、芸術性の高いバレエを今までやってこられたと感じている。自然がたくさんあって、おいしいものがたくさん食べられて、すてきな環境の中で育った自分は幸せ。日向をもっともっとアーティスティックなまちにしたり、エンターテインメントの多いまちにできるよう協力したい」と話した。

 市観光大使の委嘱は、これまでに5個人1団体が受けており、さまざまな機会を通して市の歴史や文化遺産、自然、物産などの観光資源を国内外に発信している。

その他の記事/過去の記事
page-top