【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡学園5連覇

本紙掲載日:2018-05-28
11面
中堅戦。内股で一本勝ちする延岡学園・戸

第45回県高校総合体育大会・クローズアップ

◆新星の輝きと大将の意地

 柔道男子団体決勝リーグ。全勝対決となった宮崎日大戦を内容差で競り勝った延岡学園。「1年生におんぶにだっこでは情けない。練習での悪い部分が出た」。佐藤嘉剛監督は試合後、めったにいかない道場の外に選手を連れて行き、カツを入れた。

 吉野天成(2年)と戸盻瀁群陝複映)。2人の全中個人王者に、成長著しい中西隆翔と、小川剛生、久保田大樹(いずれも2年)。決勝リーグに出場した選手のうち、大将の岩佐哲汰のみが3年生。全国3位の昨年から大きくメンバーが入れ替わり、力のある下級生を中心に再び日本一を目指している。

 決勝リーグ2戦目まではそれぞれが持ち味を出して大勝。だが、最終戦は「2度は負けを覚悟した」(佐藤監督)というほどの接戦になった。

 ポイントゲッター対決となった次鋒(中西隆)までともにポイントなし。嫌な流れを変えたのは、一週間前にポーランドの国際大会で準優勝して帰国した戸發世辰拭

 「1年生なので守るものはない。世界で2位になったプライドを持って戦った」。攻め続け「(体勢は)つぶれかかっていた」という中で、渾(こん)身の内また。「どんな状態からでも内またで一本を取る自分の柔道」を宮崎の地に初お披露目した。

 王座を守ったのは大将。副将が技ありで敗れ、内容でわずかに上回って岩佐が登場した。

 「前までならガチガチになっていた場面。体はリラックスし、頭の中は集中した」。一撃を狙う相手に冷静に対応。きっちりと引き分け、連覇を5に伸ばした。

 チーム発足時は主将だったが、冬に「周りを見ようとしすぎて、自分の柔道に集中できていない」。重責から解き放った佐藤監督。最後に見せた大将の働きに「厳しい展開で覚悟もしたが、哲の落ち着いた表情で負けはないと思った。よくがんばった」と賞賛した。

 岩佐は「投げきれなかったのは課題。全国では自分が一本を取って貢献したい」。戸發蓮孱廓生は最後。足を引っ張らないように、輝かせられれば」と明るく語った。

その他の記事/過去の記事
page-top