【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

花と緑の愛護で国土交通大臣表彰

本紙掲載日:2018-05-30
3面
「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受けた「天下一ひむか桜の会」

天下一ひむか桜の会、受賞を報告−延岡河川国道事務所

 花と緑の愛護に顕著な功績があったとして「第29回みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を県内で唯一受けた延岡市の「天下一ひむか桜の会」(松田庄司会長、約50人)の受賞報告会が29日、延岡河川国道事務所会議室で開かれた。

 表彰式は26日に滋賀県で皇太子夫妻ご臨席の下、全国106の受賞団体の代表者ら1500人が一堂に集まって行われ、同会からは松田会長(75)と会員の松田香代子さんが参加した。

 報告会で松田会長は、皇太子ご夫妻の間近で記念樹の根元に土をかぶせたことや、同席した鮫川河川敷公園管理運営協議会(福島県いわき市)の93歳の会長と話をしたことなどを振り返り「自分はもうそろそろ誰かに引き継ぐ年齢かなと思っていたが、もうちっと頑張るかなと思って帰ってきた」。

 今回の受賞について「私たちの活動には延べ1万人以上の市民が協力しており、私たちは代表して受賞しただけ。皆さんと共に受賞を喜びたい」と話した。

 同会は昭和17年度生まれの延岡市在住・出身者でつくる。平成20年、関東に住む松田会長の高校時代の同級生が「ふるさとに新たな観光地づくりをして恩返しがしたい」と提案したことをきっかけに、翌21年から3年間で、野地町の五ケ瀬川右岸堤防沿い(延長2・3キロ)に河津桜300本を植樹。毎年、開花時期に合わせて菜の花100万本を開花させている。この活動が早春の観光イベント「延岡花物語」に発展、堤防はコノハナロードと愛称で呼ばれるようになった。

 同会の活動に賛同して発足した「コノハナロード市民応援隊」と共に同所の樹木の手入れ、除草、散水などを継続的に行っている。また、昭和17年度生まれの延岡市出身者は「はげらし会」の名でインターネットで全国的につながっており、はげらし会もひむか桜の会の活動を応援している。

その他の記事/過去の記事
page-top