【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水産業への理解める

本紙掲載日:2018-06-16
8面
植物プランクトンを培養する水槽をのぞく児童
西府事務局長の説明を聞き入る児童

緑ケ丘小5年生、県水産振興協会を見学−延岡

 延岡市緑ケ丘の緑ケ丘小学校(新町芳伸校長、247人)5年生児童47人がこのほど、同市熊野江町の県水産振興協会(谷口安博理事長)を見学し、水産業について理解を深めた。地元産業について学ぶ社会科学習の一環。

 児童らは職員の案内の下、採卵用のカンパチや出荷前のカワハギの種苗、海水のろ過装置、種苗の餌となるプランクトンの育成現場などを見学。

 「海水は1時間で最大500キロリットルをろ過できます」「培養した植物プランクトン(ナンノクロロプシス)を与えて育てた動物プランクトン(シオミズツボワムシ)が種苗の餌になります」

 初めて耳にする魚の養殖方法や設備についての説明に、児童らはメモを取りながら真剣な表情で聞き入っていた。

 最後は西府稔也事務局長が同協会の業務内容などを紹介。「ここは魚の稚魚を作るところです。種苗生産といいます。卵のふ化、稚魚の育成、餌作りなどいろんなことをしています。代表的な魚種は8種類、数は約300万匹です。一生懸命作っている魚なので、残さずたくさん食べてください」と呼び掛けた。

 魚が苦手という井之上しのぶさんは見学を終えて「プランクトンの話が興味深かった。(魚食に)ちょっと挑戦してみようかなと思った」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top