【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

牧水の短歌朗詠や国際交流

本紙掲載日:2018-06-20
7面
ゆりかごフェスティバルの一環で着た韓服姿を披露する子どもたち。後方はリー・ウンソクさん

ゆりかごフェスティバルにぎわう−延岡

 延岡市の大貫町と北一ケ岡で幼保連携型認定こども園と児童館を運営するゆりかご福祉会(國友基子理事長)は16日、大貫町の運営施設で「ゆりかごフェスティバル」を開いた。ステージイベント、国際アンデルセン賞を受賞した作家角野栄子さんの絵本を集めたコーナー、ミニ打ち上げ花火などがあり、日中から夜にかけて多くの親子でにぎわった。

 創立月の6月に毎年、施設を開放して行っている。ステージでは、ゆりかごWEC学院(大貫町、こども園)の子どもたちがマーチングを披露し、第二ゆりかごWEC学院(北一ケ岡、同)の子どもたちが若山牧水の短歌を朗詠。

 また、職員の一人が外国語教育団体ラボ・パーティの指導者の資格を持っていることから国際交流イベントを実施。韓国出身のリー・ウンソクさんを招き、WEC学院の子どもたちが韓服を着るなどして韓国の文化に触れた。

 男性保育士グループ「延岡男星保育士団」(國友弾団長・同学院副園長)の親子ふれあい遊びコーナーや、宮崎市を拠点に活動している「ジャグラーひがちゅう」のパフォーマンスショーもあった。

 同福祉会は昭和49年6月1日、ゆりかご保育園(現ゆりかごWEC学院)を開設して今年が45周年。児童館を含めると0歳から小学6年生まで約420人が利用している。

その他の記事/過去の記事
page-top