【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

固有種ハナシノブ咲く

本紙掲載日:2018-06-23
1面
高千穂町の五ケ所高原に咲くハナシノブ

高千穂町の五ケ所高原

 高千穂町の五ケ所高原で、希少植物のハナシノブが青紫色のかれんな花を咲かせている。

 ハナシノブは、山地の草原に生えるハナシノブ科の多年草。五ケ所高原や阿蘇地域周辺にしか分布していない固有種で、高さ70〜100センチの茎に1〜1・5センチほどの花を付ける。個体数が極めて少ないため、環境省のレッドリスト、県版レッドデータブックで絶滅危惧毅僧爐忙慊蠅気譴討い襦

 県野生動植物保護監視員の甲斐英明さん(69)=同町五ケ所=によると、一昨年までの3年ほどの間、シカの食害とみられる影響で生息を確認できず、絶滅したと思われていたが、昨年5月、希少植物の調査をしていた宮崎植物研究会の南谷忠志会長(77)=宮崎市=が偶然に株を発見したという。

 今年3月には、甲斐さんが会長を務める「五ケ所高原ゴマ姫の草原を守る会」が、生息地の周囲約50メートルにシカの侵入を防ぐ防護ネットを設置。保護活動に乗り出した。甲斐さんは「五ケ所高原でも数えるほどしかない貴重な植物。盗掘はもちろん、シカの食害がないように見守っていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top