【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

安心して川遊びを−

本紙掲載日:2018-07-18
3面
遊具類の破損具合などを点検

夏休み前に施設を点検−国交省、県、市など

 川を利用する人たちの目線で危険箇所を点検する、国土交通省と県の出先機関、延岡市、NPO法人五ケ瀬川流域ネットワーク合同の「合同安全利用点検」が12日、五ケ瀬川と大瀬川左右岸の市民緑地や公園などで行われた。「暑い時期に安心して川遊びを楽しんでほしい」と、平成24年から河川利用者が増える夏休み前に実施している。

 点検には、同省延岡河川国道事務所と東臼杵農林振興局、市都市計画課、土木課、市土地改良区職員、流域ネットワーク会員14人が参加。五ケ瀬川右岸の岩熊井堰(いぜき)で午前9時から出発式があり、川元壊二延岡河川国道事務所副所長が「夏休み前のこの時期にしっかりと点検し、危険な箇所はないかを子供目線で確認しててほしい」などとあいさつ。

 この後、午前中は同井堰周辺―五ケ瀬、大瀬川分派点の分流公園―右岸の野田町遊歩道―市民緑地―左岸松山町の河川敷公園付近を歩き、「河川内への転落や滑り落ちの危険性がないか」「構造物周辺での立入禁止区域への進入防止に心配はないか」「公園施設などに危険性はないか」「看板などの危険明示に問題はないか」を入念に点検。大勢の子供たちが出入りするうぐいす団地西側の公園では「遊具施設やベンチなどに破損がないか」を実際に器具を使って緩み具合を調べ、修繕が必要な箇所をピックアップした。

 午後から、大瀬川左岸のヘリポートや市民緑地公園付近、桜小路のジョギングロード、五ケ瀬川右岸の本小路河川敷付近を歩き、川と接する階段や手すり、護岸、天端(てんぱ)と呼ばれる堤防の最頂部などを目視確認した。

 同事務所では通常の業務で車や徒歩で巡回し、危険な箇所はその都度改修しており、人命に関わるような危険箇所はなかった。同事務所河川管理課は「水辺には目に見えない危険な場所が多いので、河川や河川敷を利用する人は自己責任で安全な利用を心掛けてほしい」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top