【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平和キャンプ参加者が市長表敬

本紙掲載日:2018-07-21
2面
ハッピーバリー平和キャンプ参加者と読谷山市長。(右から)松本君、新名君、甲斐さん。左は大神さん

7月22日、インドへ出発−国際子ども村ハッピーバリー

 インド国際子ども村「ハッピーバリー」平和キャンプに参加する延岡市の甲斐啓心さん(17)=延岡学園高校3年=、松本慶照君(10)=南小学校4年=、新名眞虎君(9)=岡富小学校4年=が20日、市役所を訪れ、読谷山洋司市長に意気込みなどを語った。

 平和キャンプは、子どもたちが海外の人々と交流することで、国際的な広い視野とグローバルな考え方のできる国際感覚を身に付け、地域の国際化に貢献することが目的。今回で27回目。

 3人は22日から8月4日の日程で南インド・カルナータカ州を訪問する。現地では、ハッピーバリーやホームステイはじめ、都市のバンガロールやウーティなどに宿泊。ハッピーバリーの散策や学校訪問、象乗り体験、マイソール宮殿の見学、マザーテレサの施設訪問などを通じインドの人々との交流を深めながら国の文化などを学ぶ。

 3人は、保護者やハッピーバリー本部代表の大神のりえさんらと来訪。甲斐さんは「音楽やギターが好きなので、インドの音楽や弦楽器のシタールに触れてみたい」、松本君は「象に乗ってみたい」、新名君は「インドの動物を見てみたい」と出発を楽しみにしていた。

 読谷山市長は「人づくりとして、こうした機会を体験させていただくことは重要。市としても応援したい」と激励。大神さんは「大都会の暮らしや農村の暮らしなど、インドのいろんなところを見てもらえる。交流を通じて、お互いの国を大切に思ってもらえれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top