【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ラグビーW杯日本代表宮崎合宿決定

本紙掲載日:2018-07-26
1面

直前の来年6月と7月

 ラグビー日本代表の、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に向けた事前キャンプ地が宮崎市に決まった。来年6、7月を予定し、場所はシーガイア。26日午前、県庁で記者会見した男子15人制の薫田真広強化委員長は「宮崎では組織力を強化したい」と語った。また、今年11月3日の世界ランク1位のニュージーランド戦(東京・味の素スタジアム)に向けた直前合宿も、宮崎市で行うことを明らかにした。

 宮崎市でのキャンプは6月9〜28日、7月7〜24日の2回。北海道網走市でも8月18〜28日を予定する。

 薫田強化委員長は「宮崎の良さは、練習施設と宿泊施設が近いなどコンパクト性。食事や県民性なども決め手となった」と選定理由を述べた。

 宮崎市は前回W杯前にも、エディージャパンがベースキャンプを張った。15年の4〜8月にかけて計10回、75日間に及ぶ猛練習が実を結び、本番では優勝候補の南アフリカを破るなど歴史的3勝を挙げて世界を驚かせた。

 同市はまた、エディー氏率いる強豪イングランド代表の公認キャンプ地にも内定。日本代表と合わせ、期間中は国内外から多くのファンの来場が予想され、大きな経済効果が期待される。

 日本大会は20チームが参加して9月20日に開幕。1次リーグA組の日本は開幕戦でロシア、28日にアイルランド、10月5日にサモア、13日にスコットランドと対戦する。

 河野知事は「『縁起のいい宮崎で再び長期合宿を』と官民一体で誘致に取り組んできたので、大変ありがたい。最高の成果を挙げられるよう、万全の受け入れ体制で迎えたい」とコメントした。

その他の記事/過去の記事
page-top