【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

22BOYSファーストコンサート

本紙掲載日:2018-08-29
7面
コンサートに向けて練習する22BOYS

9月29日、ハーモニーホール

◆延岡高22回生の男声合唱団デビュー

 延岡高校第22回卒業生でつくる男声合唱団「22BOYS(ニーニーボーイズ)」のファーストコンサートが9月29日午後3時から延岡市本小路のカルチャープラザのべおかハーモニーホールで開かれる。「平均年齢66・5歳の男声コーラスがつくりだす〃渋いハーモニー〃をお楽しみください」と来場を呼び掛けている。入場無料。

 還暦(60歳)記念の同窓会をきっかけに、カラオケ好き、音楽好きの人たちが集まって結成した。メンバーは8人、代表は井上光正さん。

 延岡高同期のピアニストで合唱指導者佐藤直子さんの下、延岡市愛宕町のアートホールmimozaで月2回練習している。

 佐藤さんは、定期的に発声講習会を主催する「コーラスinみやざき楡(にれ)の会」の副会長でもあり、同期生グループであっても指導に妥協はない。腹筋を強化しながらの声出し、呼吸法、窓ガラスを鏡代わりに自分の表情を確認しながら口角を上げ、上顎から声を出すつもりで発声、唇や舌を柔軟に動かせるようになってから曲の練習に入るという。

 結成から5年を超えた。これまでは、延岡高同窓会「園遊会」のアトラクションや、同じく同期生の大神のりえさんが主宰するインド国際子ども村のチャリティーコンサートなどに出演してきた。

 ファーストコンサートのプログラムは4部構成。第1部は「上を向いて歩こう」「少年時代」など、団員が少年から青年時代の歌を集めた。第2部は「ポーリュシカ・ポーレ」「赤い河の谷間」など外国の歌。

 第3部は、団員で郷土の歌づくりにも取り組む九鬼勉さんが作詞作曲した「延岡の四季」「延岡蔵めぐり音頭」。第4部は「佐渡おけさ」「南部牛追い唄」などの民謡メドレー。

 井上代表は「還暦を過ぎてから男声合唱に取り組むパッション、そしてその歌と歌声にノスタルジーを感じていただければと思います。ぜひご来聴、ご来笑を」と話している。

【22BOYSメンバー】
井上光正、井上剛、大久保匠、九鬼勉、太田素一、徳田政俊、甲斐享博、東福忠義

その他の記事/過去の記事
page-top