【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「デイドリーム・ビリーバー」上演

本紙掲載日:2018-08-30
7面
通し稽古を行う劇団すいとどうかにち

9月23、24日・劇団すいとどうかにち−延岡

 延岡市の劇団すいとどうかにち(桃山なおき代表)の第10回公演「デイドリーム・ビリーバー」は9月23日午後7時からと24日午後1時からの2回、延岡総合文化センター小ホールである。

 客演3人を含む13人が出演。台風の被害を受けた町の人たちが復興や町おこしに奮闘する姿をコメディータッチで描く。原作は堤泰之さん(プラチナ・ペーパーズ)、演出は航さん(劇団すいとどうかにち)。

 台風による被害を受けた西山野辺町が舞台。日比野由紀が営む陶工房は、台風による土砂崩れで窯が埋まってしまった。

 幼なじみなど周りの人が再開を応援しようと動き出すが、商工会会長らがその取り組みを「町の復興のシンボルにしよう」と企てる。

 また、斬新な焼きそばで町おこしをしようとする住民、被災地を元気づけようとやって来たミュージシャンたちも登場。活動が空回りしたり、それぞれの思いが交錯したりしながら物語は展開する。

 桃山代表は「各地で台風の影響などによる災害が起きています。被害を受けて大変な人たちに寄り添いつつ、お客さんに楽しんでもらい、笑顔で帰ってもらいたい」と話している。

 チケット(全席自由)は前売り一般2000円、大学生以下1000円。当日は各500円増し。出演者のほか、延岡総合文化センターで扱っている。

その他の記事/過去の記事
page-top