【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第72回全国茶品評会

本紙掲載日:2018-09-01
1面
釜炒り茶部門で最高位の農林水産大臣賞に輝いた甲斐まち子さん

初の農林水産大臣賞−北方町の甲斐まち子さん

◆県北勢、日本一は5年連続−産地賞、2年連続で五ケ瀬町

 第72回全国茶品評会は28〜31日までの3日間、静岡市で行われ、釜炒(い)り茶部門で延岡市北方町の甲斐まち子さん(62)が初の農林水産大臣賞(1等1位)に輝いた。同部門で県北勢の日本一は5年連続。産地賞は五ケ瀬町が2年連続で獲得した

 大会は7茶種8部門で行われ、本県からは3茶種4部門に72点を出品した。宮崎、佐賀など4県101点の中から頂点に立った甲斐さんの出品茶は、釜炒り茶特有の爽快感と、すっきりとした濃度感のある色など申し分なかった。

 甲斐さんは、夫の義之さん(62)とともに釜炒り茶一筋約35年。「今度こそ、今度こそと思ってきたが、ようやく念願の農水大臣賞を受賞でき、本当にうれしい。支えてくださった関係機関や生産者仲間の人に感謝したい。これも励みにまた日本一になれるよう頑張りたい」と喜びを語った。

 同部門では甲斐鉄也さん(日之影町)が2位の農林水産省生産局長賞、まち子さんの夫の義之さんが3位の日本茶業中央会長賞、宮茶房・宮亮さん(五ケ瀬町)が4位の全国茶生産団体連合会長賞)受賞など、上位30位までのうち22人を県北勢が占めた。産地賞は五ケ瀬町が586点で1位、延岡市が582点で続いた。

 同部門のその他の県北入賞者は次の通り。(敬称略)

▽2等=興梠瞳(6位、五ケ瀬町)甲斐雅也(7位、高千穂町)興梠洋一(8位、五ケ瀬町)宮茶房・宮恵美子(9位、同)甲斐未来(11位、高千穂町)甲斐勝(12位、諸塚村)甲斐清仁(15位、高千穂町)
▽3等=飯干ミツ子(16位、高千穂町)江藤公恵(17位、同)興梠緑(18位、五ケ瀬町)飯干敏光(19位、高千穂町)甲斐加代子(20位、同)緒方アグリ(21位、延岡市)甲斐一心(22位、日之影町)江藤真弥(23位、高千穂町)飯干克敏(28位、同)小笠秀哉(29位、五ケ瀬町)宮茶房・宮壽生(30位、同)

その他の記事/過去の記事
page-top