【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県などに就職差別撤廃要請

本紙掲載日:2018-09-01
2面
井手県商工観光労働部長(右)に要請する部落解放共闘県民会議の中川議長

部落解放共闘県民会議

 部落解放共闘県民会議(議長・中川育江連合宮崎会長)は8月27、28日、関係6団体に就職差別撤廃を要請した。県へは井手義哉商工観光労働部長に対し、面接時に違法質問をしないよう企業側への働き掛けなどを要望した。

 連合宮崎、部落解放同盟県連合会、県人権・同和教育研究協議会による新卒者の採用試験開始時期に合わせた恒例活動。

 同研究協議会によると、就職差別で後を絶たないのが面接時の違反質問。中でも家族構成・続柄や家族の職業に関するものが多い。面接時に両親のことを聞かれた際に「一人親」と答えた生徒が、結果が届くまで「合否に不利に働くのでは」と不安な日々を過ごしたケースなどがあった。

 中川議長は「人手不足の中、就職入り口での差別はさらに多大な影響がある」と懸念し、公正な採用選考を企業側に周知徹底するよう申し入れた。県側は就職説明会時に、参加企業に冊子の配布など啓発に努めていることを示した。

 井手部長は「産業人材の育成・確保が大きな県政課題にあって、就職差別はあってはならない。企業に響くように、危機感を持っていただくように伝えていきたい」と応じた。

 宮崎労働局や県中小企業団体中央会、県経営者協会なども訪ねた。

その他の記事/過去の記事
page-top