【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小泉チヨさん(土々呂町)107歳

本紙掲載日:2018-09-04
1面
家族や読谷山市長から長寿の祝福を受ける延岡市最高齢者107歳の小泉チヨさん(写真前列中央)

延岡市の最高齢者

◆読谷山市長が訪問し祝福

 敬老の日(17日)を前に長寿を祝おうと、延岡市の読谷山洋司市長は3日、同市土々呂町5丁目の有料老人ホーム「ととろの杜(もり)」を訪問し、市最高齢者の小泉チヨさんを祝福した。小泉さんは明治44(1911)年6月生の107歳。昨年12月20日から市最高齢者。

 セレモニーには、チヨさんの家族や親族らも参加。ホーム長の尾邦子さん(56)が「これからも元気で、穏やかに過ごしてほしい」、市長は「一年、一年、長生きして、生きてきた時代や育ててきた人のことを思い起こし、話を次世代につないでほしい」と祝福した。

 続いて、市長が祝い状と祝い金を贈呈。同町在住で長女の甲斐瑠美子さん(71)が家族を代表し、「お祝いをしていただき、ありがとうございます。施設の職員の皆さんの毎日、毎日のお世話のおかげで、今日を迎えられた」と謝辞を述べた。

 チヨさんは土々呂町で生まれ育った。9人きょうだい(男3人、女6人)の末っ子。全員が90歳以上の長生きだったという。長女の瑠美子さんは、母の長生きの要因について「酢の物や魚が好きで、魚は軟らかく煮て骨ごと食べていた」と食生活を挙げていた。

 チヨさんのおいの川島町の小泉幸男さん(86)は、セレモニーに出席できなかったため手紙で祝福。「市の最高齢者表彰を賜り大変うれしい」と長年お世話になったチヨさんの長寿を祝うとともに、「娘と施設の方々の手厚い介護と協力に感謝の気持ちでいっぱい」との気持ちをつづった。

 また、市長は同日、来年3月で100歳を迎える同市伊形町の黒木新さん(99)の自宅を訪問し、祝い状と祝い金を贈り、祝福した。

 市高齢福祉課によると、延岡市の100歳以上の高齢者の数は8月17日現在、127人(男14人、女113人)。この中には今年度中に100歳を迎える47人を含んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top