【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

三ケ所神社の原宮司が講話

本紙掲載日:2018-09-20
2面
ろうきん友の会セミナーで講話する原宮司

ろうきん友の会セミナー


 九州労働金庫延岡支店ろうきん友の会(安藤善章会長)はこのほど、延岡市本小路の社会教育センターでセミナーを開いた。

 三ケ所神社(五ケ瀬町)の原賢一郎38代目宮司が講師を務め、「海馬祓(かいばばらい)と脳の活性化〜人生を楽しく生きる〜」と題して講話した。

 原宮司によると、魂は亡くなった人の霊魂と思いがちだが、本来は生きている人のこと。「魂は止まってはならず、恋をするなど動き続けなければならない」とユーモアを交えながら話した。

 原宮司は、海馬は人の頭に二つあることを説明。三ケ所神社がなぜ海馬と関係するかについては、「神社内にある昇龍が魂を二上山を経由して天に持っていき、そして降り龍が元の生き生きとした魂に再生、持って降りてくれる循環が、海馬同士が記憶を互いに巡らせていることに似ている」と話した。

 さらに「〃ときめき〃がなにより大事。人生は楽しくなくてはいけないので、夢中になれることを一つでも見つけてほしい」と呼び掛けた。

 九州労働金庫延岡支店の井崎誠支店長は「健康な生活を送られるようにしてもらいたい」と述べた。

 同神社では、8年前から海馬のお守りを作製。さらに昨年3月からおはらいもするようになったという。

その他の記事/過去の記事
page-top