【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

これで君も運転士だ!−JRとCCCが共催

本紙掲載日:2018-09-24
3面
気分は電車の運手士。シミュレーターを体験する子ども
精密な鉄道模型に見入る家族連れ

鉄道に親しむ−シミュレーターで体験

 鉄道に親しむイベント「これで君も電車の運転士だ!」がこのほど、延岡市幸町の駅前複合施設「エンクロス」で開かれた。運転士シミュレーターの体験や鉄道模型の展示コーナーなどがあり、小さな子どもを連れた家族らでにぎわった。

 延岡駅に隣接するエンクロスは、市民の活動拠点と、鉄道やバスなど交通結節点の役割を担うため、にぎわいづくりにとJR九州宮崎総合鉄道事業部と、施設の指定管理者のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が共催で開いた。

 JR九州の運転士が実際に訓練などで使用する運転士シミュレーターは、定員を満たす約70人の子どもが体験。日豊線日向住吉駅―蓮ケ池駅間の約4キロの映像を見ながら、アクセルやブレーキのレバーを操作し、目的地まで安全運行していた。

 鉄道模型の展示コーナーでは、精密な電車の模型に親も子も視線がくぎ付け。身を乗り出してレール上を走る電車同士がすれ違ったり、車両が駅のホームに入ってくる情景に見入っていた。JR九州の子ども用制服を着ての撮影会も人気だった。

 家族で立ち寄ったエンクロスで偶然イベントを知り、参加した市内の公務員中村賢二さん(54)は「シミュレーターに子どもが大喜び。『運転士になりたい』と言っていました。こんな機会はなかなかないので楽しかった」と喜んでいた。

 JR九州宮崎総合鉄道事業部の後藤未来さんは「一緒にまちのにぎわいをつくりたい。今後も定期的に開催できれば」、CCCの佐藤光さんは「交通結節点として、鉄道やバスの乗り方などのイベントに協力できれば」と話していた。

 JR九州は「鉄道の日(10月4日)」に合わせ、10月27日に宮崎市のJR宮崎駅西口で感謝祭の開催なども計画しているという。

その他の記事/過去の記事
page-top