【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域活性化の拠点が誕生

本紙掲載日:2018-09-25
3面
「ふれあい館」としてリニューアルされたJA延岡の旧土々呂支店
女性部の活動に役立てられる調理室
スロープと手すりが設置されたATM
関係者約50人が出席した祝賀会

JA延岡旧土々呂支店「ふれあい館」

 JA延岡(山本照弘組合長)が延岡市土々呂町に整備を進めていた「JAととろふれあい館」が完成し、24日に関係者が出席して落成祝賀会が行われた。ふれあい館は店舗の統合で今年2月に閉店した旧土々呂支店の店舗を改装、地域活性化の拠点としてリニューアルしてオープン。女性部や生産組合、地域の人たちの活動の場として生かされる。

 旧土々呂支店管内の支店運営協議会のメンバーが今年7月、「施設の有効活用に向けての協議会」を発足させ、旧店舗の活用について検討してきた。
旧店舗の建物は、昭和47年に建てられた鉄骨造り2階建てで延べ床面積は340・6平方メートル。今回、1階部分の204・4平方メートルを「ふれあい館」として改装した。

 会議やレクリエーションなど多用途に使えるホールと調理室を整備したほか、トイレの改修、建物に併設されたATM(現金自動預払機)にスロープと手すりを設置した。

 春日神社の木村健作禰宜(ねぎ)が神事を行い、工事期間の安全に感謝したほか、地域の繁栄などを祈願。出席者の代表が玉串をささげた。

 祝賀会では山本組合長が「土々呂支店は地域社会の中心的役割を担ってきました。これからも地域の皆さまが相集える場所として、活性化の拠点となるようご支援をください」。同協議会の中野士農夫会長は「閉店は寂しい限りでしたが、地域のふれあいの場として再出発したことは旧土々呂支店の組合員として、この上ない喜び。感謝申し上げます」とあいさつした。

 地区生産組合長協議会の吉長清会長がお祝いの謡曲を披露した後、乾杯の音頭。和やかに杯を交わし、同施設の積極的な活用と地域の活性化に期待を寄せた。

 運営に当たるJA延岡女性部土々呂支部の中野誠子支部長は「このような形で残してもらえるのも、歴代の先輩方のおかげと感謝しています。女性部の例会のほか、来年はふれあいサロンを立ち上げて、地域のお年寄りが集える場所を企画していきます。今後は対象者をJA関係者だけでなく、地域の皆さんに拡大していきたいですね」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top