【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新開孝さん昆虫写真展

本紙掲載日:2018-10-15
6面
新開孝さんの昆虫写真展

美郷町西郷の石峠レイクランドで

 三股町在住の昆虫写真家、新開孝さんの昆虫写真展「四季の自然と小さな命」が、30日まで美郷町西郷の石峠レイクランド「さいごう温泉美々川」で開かれている。同町の絵本サークル「スマイル虹」(東久美代表、7人)主催。

 新開さんは愛媛県出身。中学時代にヘルマン・ヘッセの短編小説「少年の日の思い出」を読んでチョウに魅せられた。愛媛大学農学部で昆虫学を学び、プロの写真家を目指した。

 卒業後上京し、教育映画の演出助手などを経て、平成2年にフリーの昆虫写真家として独立。19年に三股町に移住し、昆虫の多様で不思議な生態や形態を独自の視点から撮影している。「ぼくは昆虫カメラマン」「うまれたよ!カブトムシ」(岩崎書店)など著書多数。

 同サークルは、町内の保育所や図書館などで読み聞かせの活動を行っている。毎年夏に新開さんを招き、昆虫観察会を同町の観光名所おせりの滝で開いていることから、町内での写真展を初めて計画した。

 会場には、春夏秋冬に分けて10点ずつ合わせて40点を展示。キバラヘリカメムシの幼虫が脱皮して成虫になるところやコカマキリの威嚇行動、ホソミイトトンボがユスリカの一種を空中で捕らえて食べる瞬間など、プロならではの貴重な写真が説明文を添えて並んでいる。

 東代表は「自然豊かな美郷町に住んでいても、昆虫をゆっくり見る機会は少ないと思います。自然の中で人も昆虫も、みんな共生していることを感じてもらえれば」と多くの来場を呼び掛けている。17、24日は休館。

 同展は11月に町内の小・中学校の一部で巡回展を行うほか、同月18日にある美郷町産業祭会場でも展示する計画。

その他の記事/過去の記事
page-top