【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ダンスと朗読で天岩戸開き

本紙掲載日:2018-10-16
6面
アメノウズメ役の東愛美さん
タヂカラオ役の広瀬陽さん
アマテラス役の大久津美貴さん
古事記を朗読する池田知聡さん

ドラマチックな神話の世界

 延岡藩主だった内藤家の祖先などを祭る延岡市天神小路の亀井神社で14日、秋祭りがあった。声優・俳優の池田知聡さんと、指導者でダンサーとしても幅広く活躍する東愛美さん(宮崎市)らのベリーダンスグループが、古事記の神話を題材にした朗読と踊りを奉納した。

 社殿横にある石碑前で、伊藤俊郁宮司による神事が執り行われ、参列者が玉串をささげた。

 奉納行事は「聖地延岡から送る、天地創造〜アメノウズメの踊り」と題して、前半は池田さんが古事記の本を朗読。イザナギとイザナミによる国生み神話から天孫降臨、天岩戸開きまでの壮大な物語を読み上げた。境内に池田さんの声が響き渡り、参拝者たちをドラマチックな神話の世界へいざなった。

 ベリーダンスを披露した東さんは、世界的レジェンドのセマ・イルディズに師事。県内に多数の教室を持ち、年間100件前後のショーをこなす。秋祭りでは、東さんに師事する大久津美貴さん、オリジナル忍者ダンス集団「月読」のリーダーで、ブレイクダンス歴15年以上の広瀬陽さん、小学生を含む教室の生徒ら約10人が参加した。

 天岩戸開きをテーマにした3部構成。第1部はアメノウズメ役の東さんが岩戸に見立てた布の前でなまめかしく舞い、第2部はタヂカラオ役の広瀬さんがダイナミックに踊り、岩戸を開いた。第3部はアマテラス役の大久津さんを含めた全員が登場。きらびやかな衣装と華やかなダンスで、再び光を取り戻して輝き始めた世界を表現した。


秋晴れの亀井神社境内で行われた奉納行事
その他の記事/過去の記事
page-top