【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

初の受け入れ−延岡市

本紙掲載日:2018-11-07
3面
大きな拍手の出迎えの中、延岡市役所に到着した南山高級中学の生徒ら
市役所講堂で行われた歓迎式

台湾・高校の修学旅行35人

◆民泊し農業体験や交流会

 台湾の高校生や教諭ら35人が6日、修学旅行で延岡市に来た。同市が行政を窓口に修学旅行を受け入れるのは今回が初めて。市役所では、観光バスを降りた一行を職員らが歓迎の横断幕と大きな拍手で出迎えた。生徒らは市内で民泊して農業体験や交流会などを行い、8日延岡を出発する。

 来延したのは台湾・新北市の南山高級中学校の生徒32人と教諭2人、添乗員1人。5日に鹿児島空港に到着して鹿児島県内を見学、6日は桜島や宮崎市の青島などを楽しみ、午後に延岡市に着いた。生徒の農家民泊などは、延岡ふるさとツーリズム協議会(安藤重徳会長)が行う。

 歓迎式で読谷山洋司市長は「短い期間ではあるが、さまざまな体験を通じて知見を広げるとともに、ふるさとに帰ったつもりで楽しく過ごしてほしい」。同協議会の安藤会長は「思い出に残る旅になるよう、孫が帰ってきたという気持ちでおもてなしをしたい」と笑顔で迎えた。

 歓迎を受けて、南山高級中学教諭の陳炳霖(チン・ビンリン)さんが「2日間のホームステイ体験からいろんな経験をもらい、地元の人と交流し、たくさんの思い出を持って帰りたい」。修学旅行生を代表して荘雅筑(ショウ・アーチク)さんが「盛大な歓迎に驚いた。ホームステイの体験を楽しみにしてきた。お互いに良い思い出をつくりましょう」と感謝した。

◆旅行会社に市が助成

 今回の修学旅行は、九州外から送客した旅行会社を対象に、延岡で宿泊や夕食をした旅行者1人当たり4千円を助成することなどを盛り込んだ「延岡に新しい流れを作る誘客事業」(事業費486万円)を6月補正に計上。国内や香港、台湾の旅行会社に営業活動し、誘致が実現した。

 修学旅行生は市内9カ所に分かれて宿泊。7日は日向市の日向高校で同校生徒との交流会や、延岡市の今山八幡宮で茶道体験などを行う。一行は、8日延岡市を出発し、高千穂町の高千穂峡の散策などを楽しんだ後、大分県別府市に宿泊。翌9日は福岡県福岡市に泊まり、10日に帰路に就く。

その他の記事/過去の記事
page-top