【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「希望の翼」(4)延岡青朋高校70周年

本紙掲載日:2018-11-08
1面
50回目の文化祭「蛍月祭」で生徒会役員がダンスを披露。地域が一体となって盛り上がった

悩みから遠のいた学校

◆生徒会長平島さん−友人や担任が救ってくれた

 夜の体育館内に鳴り響く軽快な音楽とあちこちから聞こえる笑い声。カラフルな花紙で作られた「50回」「70周年」の文字や花火が描かれたモザイクアートが、壁面を彩る。私服姿の生徒たちは、楽しそうに友だちや先生と準備を進めていた。

 10月17、18日、延岡青朋高校定時制の50回目の文化祭「蛍月祭」が開かれた。生徒による琴の演奏などのほか、節目を記念して招待した神楽保存会や市民グループなどの発表もあり、地域が一体となって盛り上がった。

 フィナーレを飾ったのは生徒会役員によるダンス。企画や運営に携わった会長の平島康誠さん(17)は「仕事と学校で大変なのに、みんなが協力してくれた。3年間で一番盛り上がった」と充実感をにじませた。

 平島さんは午後1時30分から始まる1部の普通科に通う。小学6年生の時に両親が離婚。父親と一緒に、妹と弟の面倒を見ながら4人で生活していた中学3年の冬、延岡青朋高校への進学を決意した。「経済的な負担は掛けたくなかったし、お金は妹と弟のために使ってほしかった」

 入学後、延岡市内のガソリンスタンドでアルバイトをスタート。今でも平日は午前7時30分から正午まで働いて学校に向かう。「1年生のころは体がきつくて仕事と勉強の両立が大変だった」土日や祝日の仕事は午前7時から午後4時まで。稼いだお金は趣味や携帯代などに充てる。家族への誕生日プレゼントもそこから捻出している。

 就職先はアルバイトがきっかけで決まった。ガソリンスタンドを頻繁に利用する市内の建設会社の社長から「真面目に頑張ってるね。卒業したらうちで働かないか」と誘われたという。

 「見てくれていることがうれしかったし、続けて良かった。先生たちも自分のことのように喜んでくれた」

 ただ、思い悩んだ時期もある。2年後期には人間関係の問題から「学校生活も何もかもうまくいかなくなった」。学校に足を運ぶ機会が減った。

 救ってくれたのは、電話やメールをくれた友人や「ゆっくり休んでいい」と優しく声を掛けてくれた当時の担任。「涙があふれた。みんなには感謝してもしきれない」
 
 生徒会長としての最後の役目は2月の卒業式での答辞。「いろんな人への感謝の気持ちを伝えたい」と話す。これからは「感謝の気持ちを忘れずに、親孝行と仕事を一生懸命頑張りたい。青朋を選んで良かったです」。

その他の記事/過去の記事
page-top