【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

11月10日、塩浜いのこまつり

本紙掲載日:2018-11-09
3面
地域の人たちと一緒にわらづとを作るつくしんぼ保育園の園児

子どもも参加しわらづと作り−延岡

 第19回塩浜いのこまつりは11月10日、延岡市の塩浜教育集会所で開かれる。主催の同実行委員会(木原慎吾実行委員長)は本番を前に2日、同集会所でわらを束ねて「わらづと」を作った。

 いのこまつりは無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭り。子どもたちが家々を回り、はやし歌を歌いながらわらづとで地面をたたく。塩浜地区では地域の伝統継承とコミュニティーの形成、子どもたちの思い出づくりなどを目的に開催している。

 わらづと作りは実行委のほか、地元のつくしんぼ保育園の年長児17人も加わった。参加者はわらを約60センチに整えてひもで束ね、握る部分は手のひらをすり合わせながらわらを編み込んだ。

 子どもたちも見よう見まねで協力。大人たちに「これでいい?」と何度も確認を取りながら、完成すると「できたー!」と掲げて喜んだ。佐藤紗妃ちゃん(6)は「わらを束ねるのが楽しかった。みんな優しかった」と感想。

 実行委員長の木原さんは「子どもたちと一緒に作業すると楽しい。子どもたちの記憶にも残ってくれれば」と話し、「多くの支援で19年も続いており、地域の行事として定着してきた。今回も多くの人の来場をお待ちしています」と当日を楽しみにしていた。

 まつりは午前10時から、同園児によるいのこたたき。特設ステージでは、ピエロのショー、和太鼓演奏、ひょっとこ踊り、カラオケ大会、ダンスと続き、午後2時40分ごろから餅まき大会でフィナーレ。会場では子どもたちにポップコーンや綿菓子が振る舞われるほか、油かすなども提供される。荒天時は24日に延期される。

その他の記事/過去の記事
page-top