【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

FMのべおか−番組審議会

本紙掲載日:2018-11-09
3面

 番組審議会はこのほど、開催し、委員から番組の考え方、取り組みに関する要望などが出された。

 最初に、新しく局長に就任した坂本光三郎さんがあいさつ。「夕刊デイリー新聞との融合を図り、新聞を有効活用していきたい。また、FMの企画を新聞でも掲載するなど、いい流れをつくり、立体的なメディアの在り方を探り、新しいファンを取り込んでいきたい」と抱負、今後の方針を述べた。

 委員からは、番組で小学校の校歌を流していることは素晴らしいことだとして、「延岡小の校歌は、1番しかないが、実はこれはとても珍しい。作ったのは若山牧水の恩師、日吉昇さんだし、ほかに野口雨情、詩人の渡辺修三さんも数多く作詞している。こうした解説が入ると素晴らしいなと思った。これからも延岡の学校の校歌はとても優れたものだということを宣伝してほしい」(牧野哲久委員)。

 また、「星雲高校放送部を取り上げていたことはとてもいいことだと思った。というのは、文化部の活動は、音楽などではステージ発表があるが、放送部などは、そうした機会がない。それを取り上げたというのは意義のあることだと思う。文化活動の底上げを図る意味でもそうした番組構成を行うことがいいと思う」(同委員)。

 これに対し、FMのべおかは、「校歌の放送については、放送時間が短いので、今後は少し時間を増やすよう考えたい。星雲高校はもともとこちら側に取材に来て、その後で賞を取ったというので、番組で取り上げた」と説明。前回の審議会以降の動きとして、延岡市が防災ラジオとして活用したいということで、関係を強化する動きがあったなどと報告があった。

その他の記事/過去の記事
page-top